株式会社ポリゴン・ピクチュアズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:塩田周三)は、当社が製作を手掛けるアニメシリーズ『Levius -レビウス-』の、NETFLIXでの世界配信日が2019年11月28日(木)に決定したことを発表いたします。

 

今回の発表に合わせて、新たなメインビジュアルとPVも公開。

主人公・レビウス(CV:島﨑信長)を取り巻くザックス(CV:諏訪部順一)、ビル(CV:櫻井孝宏)、ナタリア(CV:佐倉綾音)など、魅力的なキャラクターたちの姿が描かれています。

 

また、主題歌を担当するのは、本作でデビューとなる謎女(Warner Music Japan)。主題歌の「wit and love」は、本PVでも一部使用されています。

 

新PV URL:https://youtu.be/mea4naWOOcs

※現在は限定公開

 

緻密なタッチで、孤独な少年の繊細な心情と、人間と機械の融合バトルを描く中田春彌の大人気コミック『Levius -レビウス-』を、アニメ『亜人』のメインスタッフが再集結し映像化した本作。

 

当社の最新の3DCG技術を駆使して描いた、究極の格闘技「機関拳闘」の熱いバトルを、ぜひ、ご期待ください!

 

 

【『Levius-レビウス-』について】

全編横書き&左開きというグローバルスタイルで描かれた『Levius -レビウス-』(中田春彌著、集英社 ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)が待望のアニメ化! 改造した義手をまとい、人体と機械を融合させて戦う究極の格闘技「機関拳闘」に没頭する少年・レビウスが、その才能を開花させていく。緻密なタッチで描かれる、機械の重厚さや人物の細やかな表現もさることながら、レビウスの謎に包まれた過去や強敵との闘いなど、これまでにない斬新なスタイルを確立している。

 

〇ストーリー

新生歴19世紀。アガルタ・ウォーター採掘の領有権を争ったフォサニア紛争が終結して5年。あらゆる動力に”蒸気”を用いるこの時代では人体に機械を融合させて戦う機関拳闘なる格闘技が隆盛を極めていた。戦争によって父親と自分の右腕を失い、母親も植物状態となった孤独な少年レビウスは、伯父・のザックの元で運命に引き寄せられるかのように機関拳闘に没頭し、才能を開花させていく。

そして、機関拳闘Grade-Ⅲで強敵を乗り越えていくレビウスを、不敵な笑みで見つめる謎の男・Dr.クラウン。

レビウスの脳裏にフラッシュバックする戦争の記憶――。

 

〇キャスト

レビウス・クロムウェル              CV:島﨑信長

ザックス・クロムウェル              CV:諏訪部順一

ビル・ウェインバーグ                CV:櫻井孝宏

ナタリア・ガーネット                  CV:佐倉綾音

マルコム・イーデン                   CV:大塚芳忠

ヒューゴ・ストラタス                  CV:小野大輔

謎の美少女                           CV:早見沙織

Dr.クラウン                            CV:宮野真守

 

〇スタッフ

原作:中田春彌(集英社 ヤングジャンプ コミックス・ウルトラ)

総監督:瀬下寛之

監督:井手恵介

シリーズ構成:瀬古浩司

脚本:猪原健太 瀬古浩司

プロダクションデザイン:田中直哉 Ferdinando Patulli

キャラクターデザイン:森山佑樹

ディレクター・オブ・フォトグラフィー:片塰満則

CGスーパーバイザー:岩田健志

美術監督:畠山佑貴

色彩設計:野地弘納

音響監督:岩浪美和

音楽:菅野祐悟

アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ

製作:ポリゴン・ピクチュアズ

 

【コピーライト】 (C)中田春彌/集英社 ポリゴン・ピクチュアズ

【作品公式サイト】http://levius.net

 

【株式会社ポリゴン・ピクチュアズについて】

ポリゴン・ピクチュアズは、1983年7月の設立以来、「誰もやっていないことを 圧倒的なクオリティで 世界に向けて発信していく」ことをミッションに掲げ、先端的なエンタテインメント映像の製作を手がける国内最大手のデジタルアニメーションスタジオです。マレーシアの制作拠点「Silver Ant PPI Sdn. Bhd.」を含め、300名以上のクリエイターが集結。最新技術を駆使し情熱をもってコンテンツ制作に力を注いでいます。代表作は『GODZILLA 怪獣惑星』『シドニアの騎士』『亜人』『BLAME!』『スターウォーズ レジスタンス』『ピングーin ザ・シティ』など。 詳細につきましては、http://www.ppi.co.jp をご覧ください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です