2019年6月1日(土)、東京・HMV&BOOKS SHIBUYA 7階イベントスペースにて、5月31日(金)にリリースされたDVD『これアプ 大塚剛央のイチ+(プラス)』vol.4発売記念トークイベントが開催された。『これアプ 大塚剛央のイチ+』は、若手男性声優が様々な企画に挑戦する声優動画バラエティ『これアプ』シリーズの第2弾番組として、現在ニコニコチャンネル「これアプチャンネル」にて配信中。アニメ『風が強く吹いている』などで活躍する声優・大塚剛央と相棒の謎の生物「プラやん」がパーソナリティを務め、毎回、楽しい企画やトークを繰り広げている。

そんな『これアプ 大塚剛央のイチ+』のDVD発売記念イベントは今回が2回目。“タケオ”こと大塚剛央とプラやんが、集まったファンのお悩み相談に答えたり、お互いを呼び合って絆をアップデートしたりと大盛り上がりに! イベントの最後には、前日発売されたDVDと来場者限定のオリジナルポストカードのお渡し会も実施され、ファンと交流を深めた。11時から開催された第1部、13時半から行われた第2部の模様をダイジェストでご紹介!

【第1部】絶叫しながらステージを走り回るタケオをプラやん称賛!

ステージ上のスクリーンに、発売されたばかりのDVD『これアプ 大塚剛央のイチ+』vol.4と映像&音声特典の名場面ダイジェストが流れるなか、大塚がイベントタイトルをコールしながら登場すると、大きな拍手が出迎える。「今日は2回目のトークイベントにお越しいただき、ありがとうございます!」と挨拶し、「せーの!でアイツを呼びたいと思います」と、全員で声を合わせてプラやんを呼び込むと、「はーーーい!」と超元気に挨拶しながら、本邦初お披露目となるコック姿のプラやんが登場。「番組では平気なんだけど、まだ人前に出るのは慣れないなぁ」と言いながら、客席後ろまで見えるように姿をアピールしていた。

最初のコーナーは、DVD vol.4の特典CDに収録されているミニドラマ「ラジオDJ タケオのお悩み相談室」の出張版となる「出張! テルミー教えて!」。イベント入場時に書いてもらった会場アンケートをタケオは手で、そしてプラやんは口に挟んでボックスから引きながら、皆さんからのお悩みに答えた。

「緊張するとすぐテンパってしまいます、どうしたら落ち着けますか?」の質問に、「僕も緊張しますけど、顔に出ないんですよ。なるようにしかならないと思って腹をくくります」とタケオが答えると、「ベテランの人か!?(笑) タケオは最初に会った時から、新人らしくなかったからなぁ。大変だと思う状況を楽しめるようになるといいよ!」とプラやん。「リフレッシュ方法は?」の質問には、タケオは「ゲーム音楽を聴くと楽しい気分になる」、プラやんは「お風呂!」と答えるなど、ふたりのプライベートも垣間見える楽しいトークを交えながら真面目に回答。会場のリスナーも「うんうん」と頷いていた。

続いては、こちらも特典CD収録コーナーを生で再現する「タケオとプラやんのLOVE&PEACE」のコーナー。特典CD内では、タケオとプラやんがいろいろなシチュエーションで名前を呼び合うのだが、今回はそのシチュエーションを来場者に考えてもらい、ふたりが即興で掛け合いを披露した。呼び合いの順番を決めるため、タケオが「俺、なにやってるんだろう?」とぼやきながらプラやんと“生あっち向いてホイ”で対決。「何かを達成したタケオを全力で褒めるプラやん」のお題で、タケオがステージ上を手をパタパタさせながら「プラやん見てーー!」と叫びながら走り回ると、「飛んでるよー、タケオー!すごいよー!」とプラやんも絶叫!客席は大爆笑に包まれた。

【第2部】タケオのリフティングにプラやん感激!早口言葉対決ではプラやんが圧勝!

 13時半開演の第2部も、タケオの挨拶からプラやんをみんなで呼び込んでのスタート。第2部のプラやんは、コック姿に続いて、なんとこちらも初お披露目のメイド姿!「おかえりなさいませ、ご主人様~♪」とキュートに挨拶すると、隣のタケオが物珍しそうにメイド服をいじりだし、「やめて!これは衣(ころも)なんだから!」とプラやんからお叱りが(笑)。ちなみに、この日披露された2種類のプラやんは、今後、ニコニコ「これアプチャンネル」で番組配信されるとのこと。

元気いっぱいのプラやんが、タケオにちょっかいを出しながら最初のコーナーがスタート。DVD vol.4にも収録されている「教えて、タケオ!」。サッカー少年だったタケオが、リフティングをしながら質問に答えるという企画がステージ上で再現された。「サッカーのプロでもないのに、こんなにたくさんのギャラリーの前でリフティングなんて……」と戸惑うタケオに、客席とプラやんから「がんばってー!」の声が飛ぶ。

このコーナー「教えて、生タケオ!」はプラやんが会場アンケートボックスから紙を引いてタケオに質問、答えが思い付いたらタケオはリフティングを中断し、質問に瞬時に答えるという手順だ。

「プラやんが教えてー!ってコールするから、みんなはタケー!ってレスポンスしてね!」とプラやん。会場とプラやんが一体となった「教えてー、タケオー!」のコール&レスポンスで、タケオがリフティングをスタート。華麗にサッカーボールを蹴り続けるタケオに、「おまえ、すごいな!」とプラやんも感動の声を挙げる。「今年の目標は?」と聞かれたタケオが「引っ越ししたいです」と答えると、人生の先輩であるプラやんから「洗濯は色物をちゃんと分けて! 部屋が散らからないよう、モノをなるべく増やさないように!」というアドバイスも。だんだん息が荒くなっていくタケオに「疲れてる場合じゃないよ、どんどん行くからね!」と質問を畳みかけていくが、途中でプラやんが引き当てたのは「早口言葉のコツを教えてください。“あぶりカルビ”を10回言って欲しい」というリクエスト! タケオとプラやんが不安な表情でチャレンジしたが……タケオは5回ほどで挫折。その様子を見て緊張しながら挑んだプラやんは……見事大成功! 「やったよー! 泣きそう!もう手が冷たくなっちゃったよ(笑)」とホッとした声のプラやんに、大きな拍手が贈られた。

続いては、第1部と同じく「タケオとプラやんのLOVE&PEACE」のコーナーへ。こちらのコーナーにもなかなかの難問が登場。「タケオはプラやんに、プラやんはタケオになって呼び合ってください」というリクエストには、タケオが身も心もプラやんになりきったところで、プラやんが「じゃあ、ふたりで“あっち向いてホイ”やろうぜ!」と突然のムチャブリを発動する。「勝ったほうが、相手に“好きだよ”と言う」ルールで対決しようとするが、勝負はぐだぐだで結局、決着がつかず。ふだんの番組中では見ることのできないふたりの姿に、客席はまたまた大爆笑に包まれた。

第1部、第2部ともにトークのラストでは、9月14日(土)に、東京・四谷区民ホールにて、天﨑滉平・安田陸矢が出演中の『これアプ』と大塚剛央・プラやん出演による『イチ+』のパーソナリティが集合する合同イベント開催もサプライズ発表!そして最後はふたりからメッセージが届けられ、温かな声援に包まれた。

「こんなに皆さんと近いイベントがまたできて、楽しかったです。今日は少しはしゃぎすぎましたが(笑)、これから合同イベントもありますし、『イチ+』ますます頑張っていきます、よろしくお願いします!」(プラやん)

「たくさんの方に来ていただき、2回目のイベントができて嬉しいです。こんなに近い距離でのイベントはなかなか経験できません。番組でも新しい試みをいろいろやっているので、『これアプ』シリーズ全体を応援していただければ! 合同イベントも皆さんと一緒に盛り上がりたいので、ぜひ足をお運びください。本日はありがとうございました!」(大塚剛央)

 

DVD『これアプ 大塚剛央のイチ+(プラス)』vol.4は、現在、全国のCDショップおよび「これアプ」直販サイト(https://dup.thebase.in/categories/1493278)で好評発売中。また、当日会場で先行販売された『イチ+』オリジナルグッズ――「缶バッジセット」「プラやんミニタオル」も「これアプ」直販サイトにて販売がスタートした。この日発表された『これアプ』&『イチ+』合同イベントの詳細は、ニコニコ動画「これアプチャンネル」(https://ch.nicovideo.jp/koreup-ch)および「これアプ」公式Twitter(@kore_up)で随時情報を公開予定なので、気になる方は、ぜひチェックを!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です