高森奈津美・星野源をはじめ豪華キャストでおくる、心温まる日本初の長編オリジナ
ルパペットアニメーション『ちえりとチェリー』が、口コミで話題を呼び、ついに全
国公開! 2月15日(金)より全国のイオンシネマにて全国ロードショーとなります。

この度、公開を記念して、中村誠監督そしてスペシャルゲストとして手塚治虫さんの
ご長女でプランニングプロデューサーの手塚るみ子さん、映像研究家の叶精二さんを
招いた公開記念イベントを開催いたしました。マンガの神様・手塚治虫さんのエピ
ソードも交え、本作への強い想いの詰まった内容となりました。

【日時】1月31日(木) 19:00~
【場所】伝承ホール(東京都渋谷区桜丘町23‐21渋谷区文化総合センター大和田6
F)
【登壇】中村誠監督、手塚るみ子、叶精二

『ちえりとチェリー』は『劇場版 チェブラーシカ』(10)を手掛けた中村誠監督
が、主要スタッフを再集結して完成させた日本初となる長編オリジナルパペットアニ
メーション。本作の公開記念イベントに中村誠監督、手塚るみ子さん、叶精二さんが
登壇し上映前にトークを行った。

手塚るみ子さんと中村監督はツイッターでのメッセージのやり取りがきっかけで知り
合った。「自分にとって手塚治虫さんは仰ぎ見るような存在で、まさにその神の子で
ある るみ子さんにはどうしても観てほしいと思い、ダイレクトメッセージで観ませ
んかって」と中村監督がエピソードを語る。

手塚るみ子さんは「みなさん、ハンカチを用意しておいた方がいいと思います。試写
会で初めて観たときに涙がいっぱい出てきてしまって、止めようとしたんですけど、
ぜんぜん止まらず涙が溢れてきてしまって」と語る。「私の中ではこの作品には父で
ある手塚治虫の作品が重なるところがたくさんあったんです。初めて観る作品なの
に、まるで懐かしい父の作品に触れているような思いが溢れてきて、また私自身もす
ごく慕っていた父親を亡くしたことで寂しい想いもありながら、自分の道を進んで来
なくてはいけなかったというのも、寂しさや、辛い想いを引きずりながら、ここまで
どうやって歩いてきたんだろうという自分自身の想いなど、いろいろな複雑な想いが
重なって涙が止まらなかったです」と本作への強い想いを語った。

これを受け中村監督は「手塚先生が作ったような匂いを感じていただけたなら、これ
に勝る嬉しい言葉はないです。勝手にですけど、私は自分を手塚先生の孫弟子くらい
に思っていて。「あしたのジョー」や「ブラック・ジャック」、「エースをねら
え!」などを作られた虫プロダクション出身の出崎統監督と晩年ずっと一緒にやらせ
ていただいていて、物語をどう語るかとか、どう登場人物たちと向き合うのかという
のをすごく教えていただいた。そういう意味で勝手に孫弟子くらいだなと」と打ち明
け、「この映画は大切なものを失ったらその魂はどうなるんだろうか、残された者は
どうやって生きていかなきゃいけないだろうかということをテーマの一つとして描い
ています。小さな子供が観ても大人が観ても楽しめるよう、いろんな角度から作った
つもりなので是非楽しんでいただきたい」と語った。

中村監督は「ちえりに関しては観始めて少ししたら人形であることを忘れてほしいな
という気持ちがあって。観終わって「あっ、そういえば人形だったな」と思ってもら
えるような作品が作りたくて、できるだけ空間を広く、リアルに作ろうとおもって作
りました」と語る。

手塚るみ子さんは「手塚が一番最初に自分でアニメーションを作った『ある街角の物
語』という作品は、戦争体験で目の前で理不尽に多くの人が亡くなってしまう、自分
は命からがら生きながらえている、けれど命を落とした人もいる、そいういった戦争
の悲惨さを伝えたくて作ったアニメーションなんです。最後に小さな女の子が戦争を
なんとか生き延びて、気に入っていたボロボロのぬいぐるみを拾って、ボロボロの街
を歩いていくというラストシーンなんですけれど、その最後にすごく小さな希望があ
るということを観ている方に伝えたくて作ったものだと聞いています。この作品にす
ごく近いものが『ちえりとチェリー』にはある気がして。この平成という時代に自分
の身内も含めてたくさんの方の死を突きつけられた時代の中で、生きていて残された
人間としてこれからどう未来を、希望を持って生きていこうかとバトンを渡してくれ
るような、そんな作品だと思いました」と感想を述べた。

最後に中村監督から観客に向けて「いろいろ細部にこだわって作ったので、見逃さな
いで細かいところまで観ていただけると嬉しいです」とメッセージが送られ、観客か
らは大きな拍手が送られ大盛況のうちにイベントは幕を下ろした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です