アーティストによるコラボも見られた「DENGEKI 25th Anniversary DENGEKI MUSIC LIVE!! 2018」レポート

1月8日に幕張メッセ イベントホールにて行われたライブイベント「DENGEKI 25th Anniversary DENGEKI MUSIC LIVE!! 2018」の様子をお届けします。

KADOKAWAの“電撃”ブランド25周年を記念したライブイベント「DENGEKI 25th Anniversary DENGEKI MUSIC LIVE!! 2018」が、1月8日に幕張メッセ イベントホールにて行われました。

このイベントは、電撃作品にかかわるアーティストによる歌と映像を楽しめるスペシャルイベント。コラボレーションを含めた全18組のアーティストが楽曲を歌い、イベント参加者とともに盛り上がりました。

また、全国の映画館にてライブビューイングが行われ、会場に来られない人もイベントの様子を楽しめました。

ライブのオープニングを担当したのはGARNiDELiA。白い衣装に身にまとったメイリアさんとtokuさんは、劇場版『魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』の主題歌『SPEED STAR』を熱唱します。2人のパフォーマンスにこたえるように、観客もヒートアップ。一糸乱れぬ一体となったコールでこたえていました。

歌詞のように彗星のごとく、1曲目を歌い終えた2人は来場者へあいさつ。オーディエンスとのコールアンドレスポンスに続いて、2曲目の『grilletto』に突入します。曲のイントロが流れると会場からは大きな歓声があがりました。間奏ではメイリアさんとバックダンサーの息のあった踊りを見ることができました。

『魔法科高校の劣等生』の曲が続きます。登場したLiSAさんは、ノリがよくアップテンポな『Rising Hope』を歌いあげます。ステージに火玉が上がると、LiSAさんと観客の勢いはさらに増します。サビではファンと一緒に曲を歌ったLiSAさんは、終始イベントを楽しんでいました。

 

次に姿を見せたのはELISAさん。『魔法科高校の劣等生』のエンディングである『ミレナリオ』で観客を魅了します。歌い終えたELISAさんは、 電撃25周年と新年の幕開けをお祝い。2曲目に『とある科学の超電磁砲(レールガン)』の『Real Force』を歌うことをアナウンスすると、会場からは大きな歓声があがります。自身も印象的だというこの曲を飛び跳ねながら熱唱しました。

黒崎真音さんが歌ったのは、デビュー曲の『Magic∞world』。スクリーンには『とある魔術の禁書目録(インデックス)II』のさまざまなシーンが映し出され、曲を盛りあげていました。歌い終えた黒崎さんは、いろいろなところで歌ってきたこの曲にたずさわれたことに対して謝辞を述べました。

続いての曲は同じく『とある魔術の禁書目録(インデックス)II』から『メモリーズ・ラスト』。黒崎さんはステージを右に左へと移動しつつ、歌っていました。

『劇場版 とある魔術の禁書目録 -エンデュミオンの奇蹟-』の『Shining Star-☆-LOVE Letter』を担当したのは井口裕香さん。カワイらしいテンポの曲を、観客と楽しみつつ歌います。

井口さんは5年前に開催された“AMW 20th Anniversary DENGEKI MUSIC LIVE!!”では、『ロウきゅーぶ!』の声優ユニット・RO-KYU-BU!でステージに立ったことを振り返ります。また、『とある魔術の禁書目録(インデックス)』について、アニメ3期や『とある魔術の電脳戦機(バーチャロン)』があるため、「楽しんでください」とファンにコメントしました。

井口さんの2曲目は『ストライク・ザ・ブラッド ヴァルキュリアの王国篇』よりオープニング曲『リトルチャームファング』。スピード感のあるこの曲を走り抜けるように一気に歌うと、ステージをあとにします。

ここで、井口さんがKOTOKOさんと再び登場。ステージ右側からKOTOKOさんが、左側から井口さんが、トロッコに乗ってファンの間を移動しながら、『ロウきゅーぶ!』のエンディングテーマ『Party Love~おっきくなりたい~』を歌う演出を見ることができました。あまり見られないイベントならではの組み合わせに、来場者は胸を揺らし、心を弾ませ、タオルやケミカルライトを振って盛りあげていました。

ざわめきが止まらない会場を壊すほどの爆音を届けたのは、岸田教団&THE明星ロケッツ。『ストライク・ザ・ブラッド』のオープニング『ストライク・ザ・ブラッド』で、すっかり温まった幕張メッセをさらに熱くしていきます。そのままアニメ『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』のオープニング曲『天鏡のアルデラミン』に突入。サビではオーディエンスとのコールアンドレスポンスでイベントをさらに盛り上げました。

ベースの岸田さんはずっとライトノベルを読んでいるということで、このイベントに参加できたことに並々ならぬ気持ちがあることを明かしました。3曲目の『ストレイ』は、テレビアニメ『博多豚骨ラーメンズ』のオープニング曲。アニメに先駆けてお披露目されたこの曲は、博多出身のメンバーが多い岸田教団&THE明星ロケッツにとって、親近感があり、力が入ったものになっているそうです。

次の曲は、『さくら荘のペットな彼女』のエンディング『DAYS of DASH』。鈴木このみさんは、この曲を歌っていた当時、登場人物と同世代であったことを懐かしみながらコメント。また、25周年を記念した、特別なこの日を参加者とともにに楽しんでいくことを宣言しました。

鈴木さんは続けて、配信中のアプリゲーム『天華百剣-斬-』の主題歌『全部君がいたから知ったんだ』を熱唱。幕張メッセに元気いっぱいのボイスを響かせました。さらに鈴木さん自身も大好きだという『only my railgun』をカバー。驚きを隠せない観客でしたが、すぐに鈴木さんに合わせてコールをし、遅れずに着いていきます。

2017年に放送されていたアニメ『ゼロから始める魔法の書』より、たぴみるさんが歌ったのは『発見者はワタシ』。イメージカラーであるという緑一色になった会場のファンにお礼を言うと、今年も頑張っていくことを宣言しました。

『ゼロから始める魔法の書』の流れは続きます。アコースティックギターを手にして姿を見せたChimaさんは、エンディング曲を『はじまりのしるし』を熱唱。スクリーンにはエンディングスタッフロール中のデフォルメされたゼロと傭兵に加えて、アニメで描かれた旅の様子が映し出され、物語の一端を確認できました。

旅はキノへと引き継がれます。『キノの旅』の新作アニメ『キノの旅 ‐the Beautiful World‐ the Animated Series』から、オープニングテーマ『here and there』とエンディングテーマ『砂糖玉の月』が、やなぎなぎさんによって披露されました。

『here and there』では、やなぎなぎさんが先導してサビの部分では来場者と手を振ります。『砂糖玉の月』では、階段を登ってステージの上段にやなぎさんは移動。やなぎさんの後ろのバックモニターでは、楽曲にあわせてキノの旅の軌跡を映像を楽しめました。

歌い終えたやなぎさんは「年明けからこんな素敵な場で、こんな素敵なライブを開催してくれた電撃さん、25周年おめでとうございます。学生のころから『キノの旅』を読んでいたので、25周年記念ライブで歌うことができてうれしいです」と語りました。主題歌『here and there』も収録される4枚目のオリジナルアルバム『ナッテ』が1月17日発売。初回限定版にはデビュー5周年記念ライブの映像が付属するとのことです。

その後、3人の女の子がバンドをするTVアニメ『天使の3P!(スリーピース)』から、スリーピースバンド“Baby’s breath”が舞台に登場。ライブ前のムービーでは劇中で演奏するシーンが流され、挿入歌『HOWLING』がムービーとリンクしてスタートしました。「大きなステージで演奏するのが初めてで緊張している」と語っていたBaby’s breathでした、生バンドでの演奏を見事にこなし、大きな拍手を浴びました。

自己紹介後には、『天使の3P!(スリーピース)』オープニングテーマ『羽ばたきのバースデイ』を演奏。『羽ばたきのバースデイ』をバンドで披露するのは初めてとのことで、こちらも盛り上がっていました。

電撃文庫の中でも知名度の高い『灼眼のシャナ』の映像が流れると、会場から大きな歓声があがります。炎が噴き出る演出とともに黒と赤の衣装のKOTOKOさんが姿を見せ、TVアニメ『灼眼のシャナIII ‐FINAL‐』のオープニングテーマ『Light My Fire』を歌います。

KOTOKOさんは「皆さんの中には今日が成人式の人や電撃文庫設立の後に生まれた人もいるかもしれません。私は電撃より早く生まれていますが、歌手としてのKOTOKOは電撃の後に生まれ、電撃に育てられました。とても感謝しています」と思いの内を明かしました。

「次はカッコいい曲を歌います」とコメントすると、『灼眼のシャナII』のオープニングテーマ『BLAZE』が流れます。激しい曲調と曲のリズムに合わせた照明が印象的な曲でした。3曲目は、KOTOKOさんが「もう1つ好きな作品」と話す『アクセル・ワールド』から、エンディングテーマ『→unfinished→』をチョイス。会場とKOTOKOさんが一体化したような雰囲気に包まれていました。

続いて披露されたゲーム『アクセル・ワールドVSソードアート・オンライン 千年の黄昏』のテーマソング『S×W ‐soul world‐(ソウルワールド)』には、アーティスト“LUNA”として春奈るなさんが参加。KOTOKO×LUNAのコラボレーションが行われました。

KOTOKO×LUNAによる『ソウルワールド』が終わると、春奈るなさんがステージに残り、「高く、高く」のフレーズが印象的な『ソードアート・オンライン』のエンディングテーマ『Overfly』を歌います。春奈さんは「前にステージに上がったのは20周年のステージで、25周年を迎えてまたここに来られてとてもうれしく思います」と、感謝の気持ちを伝えます。

トーク後の曲は、『ソードアート・オンラインII』から『Startear』。バックモニターの映像は重要なキャラであるシノンを中心に編集されていました。

同じく『ソードアート・オンラインII』から戸松遥さんの歌う『courage』が、春奈さんとGARNiDELiAのメイリアさんによって披露されました。金の衣装の春奈さんと、黒い衣装のメイリアさんは、互いの位置を変えながら、ハイタッチをしつつ、曲を歌いました。

続いてLiSAさんが再び登場し、『劇場版ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール‐』の『Catch the Moment』を歌います。2018年で初のライブであるというLiSAさんは、2月8日に発売されるゲーム『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』を担当していることをアナウンスします。

LiSAさんからの「聴きたい?」という問いに会場からは「聴きたい!」と大きな反応が。それに応える形で、激しいロック調から始まる新曲『Thrill, Risk, Heartless』が初披露されます。初披露にもかかわらず、LiSAさんの曲で多く見られる手拍子を入れている参加者を確認できました。

そして、ついに最後のアーティストが登場します。トリを務めるのは、TVアニメ2期が最終回を迎えた『ラブライブ!サンシャイン!!』のスクールアイドルグループ“Aqours”です。Aqoursのメンバーは、映像にあわせて1人ずつ登場し、それぞれキメポーズを決めて配置につきました。全員の紹介が終わると、『君のこころは輝いてるかい?』と『恋になりたいAQUARIUM』が続けて披露されました。9人それぞれの個性を生かした振り付けや映像とダンスがリンクした動きは圧巻でした。

3曲目『HAPPY PARTY TRAIN』の終わると、電撃25周年のライブを締めくくる曲として、TVアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』2期のエンディングテーマ『勇気はどこに?君の胸に!』がスタート。続けて激しいダンスを踊っているにもかかわらず、ライブビューイングに向けてカメラに手を振る姿も見てとれました。

コラボレーションを含め、全18組のアーティストによる電撃25周年記念ライブが終了。『キノの旅』や『灼眼のシャナ』といった名作の曲に加えて、『ソードアート・オンライン』や『ラブライブ!サンシャイン!!』など、最近話題の作品を彩る楽曲・アーティスト、そして多数の参加者によって、ライブ“DENGEKI 25th Anniversary DENGEKI MUSIC LIVE!! 2018”は大成功で幕を閉じました。

■セットリスト

01:『SPEED STAR』/GARNiDELiA

02:『grilletto』/GARNiDELiA

03:『Rising Hope』/LiSA

04:『ミレナリオ』/ELISA

05:『Real Force』/ELISA

06:『Magic∞world』/黒崎真音

07:『メモリーズ・ラスト』/黒崎真音

08:『Shining Star-☆-LOVE Letter』/井口裕香

09:『リトルチャームファング』/井口裕香

10:『Party Love~おっきくなりたい~』/KOTOKO×井口裕香

11:『ストライク・ザ・ブラッド』/岸田教団&THE明星ロケッツ

12:『天鏡のアルデラミン』/岸田教団&THE明星ロケッツ

13:『ストレイ』/岸田教団&THE明星ロケッツ

14:『DAYS of DASH』/鈴木このみ

15:『全部君がいたから知ったんだ』/鈴木このみ

16:『only my railgun』/鈴木このみ(カバー)

17:『発見者はワタシ』/たぴみる

18:『はじまりのしるし』/Chima

19:『here and there』/やなぎなぎ

20:『砂糖玉の月』/やなぎなぎ

21:『HOWLING』/Baby’s breath

22:『羽ばたきのバースデイ』/Baby’s breath

23:『Light My Fire』/KOTOKO

24:『BLAZE』/KOTOKO

25:『→unfinished→』/KOTOKO

26:『S×W -soul world-(ソウルワールド)』/KOTOKO×LUNA

27:『Overfly』/春奈るな

28:『Startear』/春奈るな

29:『courage』/春奈るな×メイリア

30:『Catch the Moment』/LiSA

31:『Thrill Risk Heartless』/LiSA

32:『君のこころは輝いてるかい?』/Aqours

33:『恋になりたいAQUARIUM』/Aqours

34:『HAPPY PARTY TRAIN』/Aqours

35:『勇気はどこに?君の胸に!』/Aqours

イラスト/茜田 千、abec、文倉 十、石田可奈、いみぎむる、いわさきまさかず、岩瀬さとみ、うかみ、兎塚エイジ、ウダジョ、おちゃう、カツヲ、かんざきひろ、黒星紅白、しずまよしのり、長神、てぃんくる、仲谷 鳰、はいむらきよたか、葉賀ユイ、ばらスィー、HIMA、柊ゆたか、マニャ子、結うき。

(C)KADOKAWA/SUNHOSEKI/T-ARTS

(C)VisualArt’s/Key/Angel Beats! Project

(C)2015 FiFS (C)KADOKAWA CORPORATION 2015

(C)DeNA Co.,Ltd. All rights reserved. (C)KADOKAWA CORPORATION 2016

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

(C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

「DENGEKI 25th Anniversary DENGEKI MUSIC LIVE!! 2018」紹介ページ

http://25th.dengeki.com/live/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です