[AnimeJapan 2018 レポート]

2018年3月25日(日)東京ビックサイトにて開催されたAnime Japan 2018 WHITE STAGEにて『宇宙戦艦ヤマト2202』愛のトークショー2018が開催され、キャストである神谷浩史、鈴村健一、小野大輔の豪華声優陣とともに監督である羽原信義やシリーズ構成を担当した福井晴敏らが登壇し、作品への愛とともに笑いの絶えないトークショーとなった。

トークショーはコーナー形式となっており、まず最初のコーナーは「愛のプレゼン大会」。キャストの神谷浩史、鈴村健一、小野大輔の3人がそれぞれ自分のキャラクターをプレゼンし、どのキャラクターが一番ヤマトの艦長にふさわしいかを決定する。審査員は監督の羽原信義やシリーズ構成を担当した福井晴敏が務める。宇宙戦艦ヤマト艦長総選挙スタート!

それぞれ演説台にたち、我こそが!とキャラクターの特徴や性格を述べ艦長にふさわしいとアピールしていく。プレゼンの中では、名台詞を述べる場面もあり、それぞれのプレゼンを会場の来場者は楽しんでいた。そして「他に右に出るものがいないほど冷静さ、私を艦長に」と演説し、このコーナーを制したのは、神谷浩史。新キャラクター、クラウス・キーマン役を演じる神谷がキャラクターの冷静さをアピールし、見事メダルが授与された。

ここで女性キャラクターのビジュアルが公開されそれぞれ好きな女性キャラクターとその理由を述べたり、会場の笑いを誘いながら盛り上げていく。続いてもう1つのプレゼン大会「オーダーが止まらない購入者特典」。つい欲しくなってしまう購入者特典を考案し、プレゼンしていくというもの。中には、福井晴敏の普段着について触れ「いつも変なTシャツをきている」という神谷が特製HARUTOSHI FUKUI  Tシャツの提案するなど様々な案が挙げられプレゼンした。

神谷浩史 – HARUTOSHI FUKUI  Tシャツ

小野大輔 – 森 雪の特製ブロマイド

鈴村健一 – 抽選でささきいさおさんが家で歌ってくれる券/高枝切りヤマト付

会場からも拍手などで投票を行い、ニコ生でもアンケート形式でどの案が良いかを決定した。

 

プレゼン大会の結果は、「これはやっぱり欲しい」と男性声優陣も納得した鈴村健一の案が優勝。

AnimeJapan 2018仕様の『宇宙戦艦ヤマト2202』特別まとめ映像も公開され、迫力ある映像とともに作品の魅力を紹介していく。

 

最後は挨拶ともに、登壇者それぞれから作品へ一言いただいた。

羽原信義(監督)「第5章が間も無く公開です。ぜひ見てください!」

福井晴敏(シリーズ構成)「制作真っ最中です。我ながら泣いてしまうほどの作品です。是非見てください!」

神谷浩史「制作順調に進んでいます。ぜひ、劇場へ足をお運びください」

鈴村健一「みなさん、劇場へワープ!」

小野大輔「みなさんも船に乗ってください!」

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です