[AnimeJapan 2018レポート]

3月24日(土曜日)、東京ビックサイトにて開催されたAnime Japan 2018のWHITE STAGEの第2プログラムにて「七つの大罪」スペシャルステージが開催された。TVアニメ「七つの大罪 戒めの復活」のトークイベントとしてゲストでメリオダス役の梶裕貴、エリザベス役の雨宮天、ホーク役の久野美咲、バン役の鈴木達央、ゴウセル役の髙木裕平、そしてエレイン役の小岩井ことりの豪華6名の声優が出演した。

6人が登壇し、それぞれ挨拶をすると、梶裕貴はじめ各ゲストがホークピースを披露したり、久野美咲の緊張した感じの挨拶に梶裕貴がサポートをしたりと、意気込みなどを短く語り会場を盛り上げた。七つの大罪の関連のイベントは今日が初めてというエレイン役 小岩井ことりは「七つの大罪が大好きな皆さんとご一緒出来るのをすごく嬉しく思います!」とイベント出演への嬉しさを語った。

 

劇場版「七つの大罪」についての最新情報が発表され、2018年8月18日公開予定の劇場版は原作者の鈴木央先生の描き下ろしの完全新作ストーリーなどを見所として挙げられた。現在、第一弾の特典付きの前売り券が全国の劇場で発売中となっており、全国5万枚のみでなくなり次第終了とのこと。会場限定の前売り券をアニプレックスのブースで販売していることも告知され、限定特典・無くなり次第終了と梶裕貴も「激レアですよ!」というほど。

劇場版の収録について聞くと「実は、まだアフレコをしていないタイミングなんです。でも、ちらっとその内容についての噂などを音響監督さんや監督さんからうかがいました」と梶裕貴。「新キャラクターも登場するということで誰が声を担当されるのかな、と我々も楽しみなところです」と、新キャラクターへの期待感や、「この作品(七つの大罪)の魅力は笑いあり、涙あり、シリアスなシーンもあればバトルシーンもある、色々な要素が盛りだくさんなところだと思うので、劇場版でも変わらず、それを皆さんにお届け出来るのかなと思っています」と語った

 

劇場版のセクションが終わるとAnime Japan 2018の特別企画「七つの大罪名作劇場」へと移った。このコーナーでは今放送中の「七つの大罪 戒めの復活」での今までの名シーンを生で演じるというコーナー。

まず最初に第6話「償いの聖騎士長」でのワンシーンでメリオダス役の梶裕貴、エリザベス役の雨宮天、そしてゴウセル役の髙木裕平が演じた。このシーンではゴウセルの独特な笑い声が生で披露され、会場は笑うと同時に盛大な拍手を送った。

次に演じるのは第10話「僕たちに欠けたもの」のワンシーンで、久野美咲がホークとして一人で披露した。久野の雰囲気が演技に入ると一変し、会場全体が圧巻の演技に息をのまれた。「ホークちゃんの切り替わりが凄いなと思って見ています、勇ましいところから急に不安になるところ、そういうの見てて勉強になります!」と髙木裕平は称賛した。

続いては第9話、「愛するものとの約束」でのワンシーン。演じるのは梶裕貴と雨宮天のお二人。メリオダスとリズの特別な関係を描いたワンシーンに加え、梶が演じるワンドルの一人二役を生で演じた。エキストラのキャラのオーディションを勝ち取った小話しなども語り、会場を笑いに誘った。

最後は「七つの大罪 -外伝- バンデット・バン」でのシーンで、バン役の鈴木達央とエレイン役の小岩井ことりの二人。この二人が演じたのはとっても感動的なバンとエレインの絆を物語っている名シーンで、会場やゲストもしんみりとした雰囲気を楽しんだ。その後は鈴木と小岩井の二人が収録中のスタジオ内では出来るだけ近くの席に座り、演技についてのディスカッションをしたりするなどこの二人のキャラクターの間の絆をどう演技でより上手に、そしてより感情を込めて伝えられるかを常に考えていることを語った。

コーナー終了後、TVアニメが2クール目に入り、オープニングテーマとエンディングテーマがリニューアルされることが伝えられた。新しいオープニングはスカイピース「雨が降るから虹が出る」、そして新しいエンディングテーマは 雨宮 天が歌う「誓い」。

そして会場限定で雨宮天が新エンディングテーマ「誓い」を生披露した。力強い歌声と感慨深いメロディーで会場は魅了された。「自分がエンディングテーマを歌わせて頂ける日がくるとは想像もしなかったんですけど、すごく嬉しいなと思います。エリザベスの心情とかが凄く込められている曲なので私も凄く大切に歌わせて頂きたいと思います」とこの曲に対する思い入れを語った。

最後には初公開の情報として、七つの大罪の舞台化が決定したと発表された。

ステージはゲストの代表として梶裕貴のお別れの挨拶とともに無事終了した。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です