[Aniumライブレポート]

2018年4月21日(土)声優 渕上舞ソロデビュー後、初となるワンマンライブ「渕上 舞1st LIVE “Fly High Myway!”」が代官山UNIT(東京・渋谷)にて開催された。歓声に包まれ“舞Blue”なドレスで登場した渕上舞は、優しい曲調の「おはようの合図」から始まり、「渕上 舞 1st LIVE “Fly High Myway!代官山UNITへようこそ!」と会場を盛り上げると「Fly High Myway !」。青色のサイリウムが会場を彩り盛り上がりをみせた。

 

4曲目からは、渕上にとって思い出の曲であるという楽曲をカバーコーナーとして披露。彼女が声優になるきっかけとなった楽曲、声優を切り開いた、手を引いてくれた楽曲でもあると言う、TVアニメ『うえきの法則』OPテーマ「Falco-ファルコ-」や『ガールズ&パンツァー』「Enter Enter MISSION!」、TVアニメ『アウトブレイク・カンパニー』EDテーマ「私の宝石箱」などを立て続けて披露した。また初めて作詞をした曲である「タカラモノ」を歌い上げ、会場も盛り上がる。ライブもいよいよ後半へ。

渕上はピンクのドレスへ衣装チェンジし再びステージへ戻ってくると、ピンクの扇子を振って会場と一体となり、アップテンポな楽曲に会場の熱気が増していく。

アンコール

バンドメンバーとともに青色のツアーTシャツを着用し会場のアンコールの声援に応えるべくステージへと舞い戻ってきた渕上舞。アンコールへの感謝とともに「みんなにも大きな声を出して欲しい!盛り上がって欲しい!」と歌ったのは、“トロピカルガール”。コールで会場と一緒に盛り上がるナンバー。曲中にはバンドメンバーの紹介も。カラフルなサイリウムが会場を照らす。

“ファーストファーストライブ“だと言う渕上に会場からは「待ってたよ!」と声が飛び交い、渕上も「歌をやってきてよかったと思える」と改めて感謝を伝えた。「最後まで声出していくぞー!」と本公演最後の楽曲は”Fly High Myway!”。

本日は最後までありがとうございました!とバンドメンバーとともに観客へ感謝を伝え、2時間にわたる渕上舞 1st LIVE “Fly High Myway!代官山UNIT公演は無事終了し、次の大阪公演へバトンを繋いだ。「思い出の舞浜アンフィに自分の名前で立てることに感謝したい。」と語っていた舞浜アンフィシアターでの追加公演も目が離せない。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です