[Aniumイベントレポート]

1部「さよなら、道井先生」

2018年4月29日(日)Studio K (東京・高円寺)にて「MOE×PRO番外編〜もりみち病院5th〜」が開催された。1部は「さよなら、道井先生」2部は「ひとり、事務所やめました」と二部構成。出演したのは、道井悠(医師)、森千早都(ナース)、小川祥平(研修医)、貫井柚佳(実習生) 他もりみち病院を作り上げてきたメンバー。本レポートは1部「さよなら、道井先生」をの様子をお伝えする。

さよなら道井先生?!

1stの開催から約2年。「これまでご声援をいただいた皆様に御礼がしたい。」もりみち病院を作り上げてきた出演者、スタッフ全員が同じ思いで開催された本イベント。道井先生を送り出すべく会場に集まった患者たち。イベントは、別れを惜しむような悲しい雰囲気の中、幕が開けた。

道井先生が登壇し、「本日は皆様お集まりいただき誠にありがとうございます。本日をもって私はもりみち病院を卒業します。」と深々と頭を下げ、患者さんへの感謝を口にした。森千早都(ナース)、小川祥平(研修医)、貫井柚佳(実習生)他、それぞれが道井先生の別れを惜しむ言葉をかけていく。そして、森ナースが「道井先生にプレゼントがある」と、会場全体で

会場全体で卒業式定番の某合唱曲を熱唱

なんともシュール。しかも、しっかりハモッている。そして、スクリーンには過去のもりみち病院の思い出の写真が次々映し出された。
会場に駆けつけた患者は涙を浮かべながら道井先生を歌とともに送り出しているようだった。この合唱に感動したのか、道井先生も号泣。「もりみち卒業したくないよぉ」とぐずりだしたところで手足を掴まれ強制退場。

道井先生もいなくなったし、もりみちではなく貫井と森とで新たなイベントぬくもり麻雀でも作ろうかと和気藹々と話していたところ、唐突に道井悠が叫び出す。

 

「はるちゃん、もりみちやめへんでぇーーーーーーー!!!!!」

道井のふざけた叫びとともに、もりみち病院の曲「病名不明」のイントロがはじまるが、森が歌わない事件が発生。必死に森を説得する道井。
もりみち病院らしく殴り合いをしつつも友情を確かめ合い、ここから”いつもの”もりみち病院が始まる。
歌:道井悠(医師)、森千早都(ナース)の熱唱に、会場も盛り上がり、やっと普通のテンションに戻る。

辞めないんかい。

もはや、イベント名関係なし。「さよなら、道井先生」に騙される患者たち。確かにもりみち病院へ”さよなら”とはひとことも言ってないが、これまでの前振りはなんだったのか。何はともあれ、もりみち病院が継続されることに来場した患者の皆さんからは祝福と歓喜の拍手が。道井先生がもりみち病院に引き続き出演が決まったところで次のコーナーへ!

 

本業 お悩み解決のコーナー

そもそも、もりみち病院とは、日々様々なお悩みを持った人が訪れ、スッキリしたようなそうでないような顔をして出ていく不思議なスポット。
患者さんから送られてくるお悩みを道井悠(医師)、森千早都(ナース)が解決していくという恒例、本業のコーナー。
今回も多数のお悩みメールが寄せられる。
中には「本当に辞めるんですか・・・」と届いており、胸が苦しくなったと、会場の笑いを誘う。

道井は1部の挨拶にて「ご心配おかけいたしました。お悩みもたくさんありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。」と感謝を伝え、最後は全員で

「みなさん、くれぐれもお大事に。」

と締めくくった。

 

 

【イベント詳細】

MOE×PRO番外編〜もりみち病院5th〜
1部:さよなら、道井先生
2部:ひとり、事務所やめました

<出演>
道井悠(医師)、森千早都(ナース)、小川祥平(研修医)、貫井柚佳(実習生) 他

<会場>
Studio K
東京都杉並区高円寺南4-39-17

<日時>
2018年4月29日(日)
1部 0PEN 13:40 START 14:00
2部 0PEN 17:00 START 17:20

2部のレポートはこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です