[Aniumイベントレポート]

2018年4月15日(土曜日) 東京・渋谷 東京カルチャーカルチャーにてPIRO PARTY 2018 SPRING ~ひるパ~が開催され声優 五十嵐裕美・桜咲千依が登壇し、トークイベントを行った。月イチニコ生番組『五十嵐裕美・桜咲千依のあけっぴろげパーティ!』の番組初イベント。記念すべき初イベント昼の部のゲストには、同じく声優である松嵜麗が登場!

イベントのコンセプトは番組同様、“あけっぴろげ”をテーマに五十嵐裕美・桜咲千依がありのままの姿で様々な事に挑戦し、外では見せない一面を開けっぴろげていくイベントとなっている。イベントはキーボード生演奏とともに進行され、シーンによって曲やテンポが変わっていく。イベントはニコニコ生放送でも放送された。

 

ゲストについて五十嵐裕美・桜咲千依がお互いどんな人物であるかを語ると、それぞれ〇〇な人とエピソードが!そしてついに松嵜麗が登壇!ファンであるというヤクルトスワローズの傘を振りながらノリノリな様子で登場した。

早速ふつおたのコーナー。参加者から事前に募集したお便りを読んでいく。普段番組でふつおたを送ってくれているリスナーの姿も会場にあり、交流を楽しんでいた。

 

 

あけっぴろげ!ミニゲーム5番勝負

あけっぴろげ!ミニゲーム5番勝負は、五十嵐裕美・桜咲千依・松嵜麗の3人でミニゲームを5番勝負で行っていく。ミニゲームの勝者は1ポイント獲得することができ、5番勝負で最終的にポイントが多かった者が“あけっぴろげ5番勝負初代チャンピオン”になれるというコーナー。また、来場者は事前に誰がチャンピオンになるかを予想し投票。見事当てた方の中から抽選でサイン入りグッズがプレゼントされる企画も用意されている。

事前予想では五十嵐裕美が一番多かったが、果たして結果やいかに?!

くじ引きで選ばれた最初の勝負は、「手押し相撲」

 

勝者は松嵜麗。その後もゲームは続き、白熱した「ツイスターゲーム」は勝者は桜咲千依。「トイレットペーパー巻きとり」では、高速でトイレットペーパーを巻きとりきった松嵜麗が勝者となりポイントを重ねる。慎重さが求められる「トランプタワー」の勝者は五十嵐裕美。1ptをGET。そして五番勝負最後は「遠投」

遠投では、3人がそれぞれ順番にカラーボールを観客席の方向へ投げ、誰が一番遠くへ飛ばせるか競うコーナー。カラーボールにはなんとそれぞれのサインが入っている。見事このコーナーを勝ち取ったのは、桜咲千依。

五十嵐裕美 1pt 桜咲千依 2pt 松嵜麗 2ptで桜咲と松嵜が同点だったため「あっち向いてホイ」で優勝者が決まることに。見事あっち向いてホイを制した松嵜麗があけっぴろげ5番勝負初代チャンピオンに輝いた。松嵜の勝利を事前に予想していた方の中から、その場で記入したサイン入りグッズが渡された。

勝負の盛り上がる熱さも冷めぬままイベントは次のコーナーへ。

あけっぴろげ声優ドラフト会議

続いては、「もし3人が声優事務所の社長だったら、声優として誰を取りたいか」というテーマの元、声優ドラフト会議を行う。野球好きの松嵜麗にぴったりのコーナー。1巡ずつ指名していき指名が重複した場合は抽選を行うプロ野球のルール。参加したプロダクションは以下3社。

(株)五十嵐プロダクション(五十嵐裕美)

スワスワライジング(松嵜麗)

株式会社ARPK(桜咲千依)

でドラフト会議が開催された。

「各事務所の皆様ご準備のほどはよろしいでしょうか。それでは第一巡選択希望声優をお書きください」というアナウンスとともに、会場には緊張が走る・・・「この人の芝居が好き!」という大御所声優から身近な声優までそれぞれあげていくも最終的に1人も重複しないドラフト会議。抽選が行われないままコーナーを終えるのも寂しいため「せっかくだし、抽選ごっこする?」という発言により、重複したていでくじ引き抽選が行われた。まるでプロ野球のドラフト会議を見ているかのようにクジを引く松嵜、桜咲の顔つきは真剣そのものであった。

あけっぴろげ即興劇場!

事前に3人に演じてほしい役を募集し、なりきって即興劇を行うコーナー。誰がどの役を演じるかは会場の声を元に決定していく。即興にも関わらず、さすが役者のお三方。しっかりと設定を飲み込み笑いの絶えない即興劇を披露した。

イベントもいよいよエンディング。ゲストの松嵜麗は「時間がすぎるのが早い」と楽しい時間を過ごせたことを伝え、告知では「今日甲子園球場で・・・」と会場の笑いを誘った。3人は「ありがとう!」と手を振ってステージを後にした。

まだまだ終わらない?!ビンゴ大会!

なんとイベント終了後には、来場者全員参加のビンゴ大会を開催。再び3人が登壇し、一番早かったビンゴをとった方へサイン入りの豪華プレゼントが送られた。2時間にわたる記念すべき番組初のイベントは、内容濃く終始笑いの絶えないままあっという間に時間が過ぎ、無事幕を下ろした。

記事:Anium編集部

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です