イベントレポート

 

10月20日、市川市民会館にて「アイドルマスター シンデレラガールズWebラジオ「CINDERELLA PARTY!」公開録音CINDERELLA REAL PARTY! 05~このときをまっていた!うきうきようきなうんどうかい~」が開催された。

それぞれの声優もイベントが楽しみな様子!どんな「うんどうかい」になるのだろうか?!

 

本イベントは「アイドルマスター シンデレラガールズ」の人気WEBラジオ「CINDERELLA PARTY!」の公開録音イベントとなっており、番組パーソナリティー(主宰)の原紗友里(本田未央役)、青木瑠璃子(多田李衣菜役)の2名に加え、黒沢ともよ(赤城みりあ役)、嘉山未紗(脇山珠美役)、小市眞琴(結城晴役)の3名がゲスト出演し、「運動会」をテーマに90分間トークやライブを展開してゆく。

会場が運動場に変身?

 

会場に入ったファンを迎えたのは、舞台上に設けられた運動場のトラック!
舞台奥には表彰台もあり、テーマの「うんどうかい」にふさわしいステージとなっていた。
体操着の選手が入場してくると、会場は大歓声に。「絶対勝ちます」と意気込むゲストの3人。各々のメンバーが挨拶した後、柏谷プロデューサーから「偉い先生の挨拶」が。
グッズ売り上げ好評の感謝を述べた。

選手宣誓も終わり、開会の合図を鳴らしたところで、「アイドルマスター シンデレラガールズWebラジオ「CINDERELLA PARTY!」公開録音CINDERELLA REAL PARTY! 05~このときをまっていた!うきうきようきなうんどうかい~」がスタートした!

第一回戦「しっぽは見ないで」

こちらはしっぽがかわいい、黒沢ともよさん演じる赤城みりあにちなんだ競技となっている。
このコーナーは、出題者のつけるしっぽに文字が書かれており、他の4人がその文字を当てるというもの。回答者は出題者に動きをリクエストできるのだが、一回目は「お願い!シンデレラ」のサビを踊ってもらい、文字がしっかり見えたところで、全員が「うさぎ」と正解した。
二回目、サッカーのカズダンスでしっぽの文字が「見えそうで見えなく」なると、推しの仏像のポーズをしてもらうなど様々なリクエストを出した。しかし、全員が不正解。会場からはざわめきが。そして、最後の三回戦は、まさかの「Romantic Now」を踊る一幕もあり、ダンスが始まると、会場からは手拍子とコールが起こった。

第二回戦の前には、「祝辞」として、ファンからのおたよりを読み上げ、メンバーは、
「どんな競技が記憶に残っているか」「どんなハチマキの巻き方をしたか」などの質問に盛り上がった。また、台風の目という競技を知らない観客がいるとわかると、五人全員で台風の目を実演する一幕もあった。

 

第二回戦「リフティングぷらす」

続いて、第二回戦は「リフティングぷらす」。こちらはサッカーが得意な、小市眞琴演じる結城晴にちなんだ競技だ。メンバーが「インスタ映えしそう」というボールを、様々なお題をこなしながらリフティングをしていく競技で、まずは原さんから。「意外と進まない!」と言いつつも、トラックの縦を往復し、見事リフティングを29回続けた。続いて、2回目、3回目…と続くも、10円玉を拾う、水分補給など、難題が続き、なかなか原さんの記録を超えられず、迎えた最終回。小市さんが、ダジャレ、咲いてジュエルを踊る、ヘディング、握手会と次々にお題をこなし、リフティングも51回を記録、他のメンバーと大いに差をつけての勝利となった。

そして、うんどうかいは最後の競技へ。嘉山未紗さん演じる脇山珠美にちなんだのは…

第三回戦「ひらり桜剣士」

こちらは落ちてくる花びらを粘着力のある剣にくっつけるというもので、まずは黒沢さんから。

しかし、うまく取ることができず、途中下に落ちている花びらをじかにくっつけ始めるとメンバーからはブーイングが起こった。

続いて二回戦は嘉山さんと青木さん。剣道キャラによる戦いだが、こちらもうまく取れず、悪戦苦闘する。そして、最終回、原さんと小市さんの戦いでは、小市さんが手で拾い、剣に直接くっつけての勝利。観客からは笑いがおこった。

全ての競技が終わり、総括の時間になると、楽しかった、ずっとやっていたかった、などメンバーがうんどうかいを振り返った。

そして、イベントは、ドキドキの結果発表へ。ずば抜けた点数で小市さんが1位、続いて2位原さん、3位青木さんという結果となった。

 

そして、表彰式は、負けたにも関わらず、表彰台に登ろうとする二人に難航。「覚えてろよ!!」と言いながら抱き合った。1位の小市さんは「みなさんのおかげです」と感謝を述べ、各々が感想を述べたところで、うんどうかいパートが終了した。

続いて、未央のステップアッププロフィール、そして、ラジオの200回記念札幌ロケ特別版が流れると、会場はスクリーンに見入っていた。

 

ライブパート

ライブパートでは、明るくポップな「デレパレード」に続き、最新曲「デレパ音頭」、5人バージョンでの「Treasure☆」を披露。会場中が立ち上がり、ペンライトを振ったり、手拍子をしたり、一体となって盛り上がった。途中、ライブがゲストの3人に任されると、「青空」の文字だけで歓声が上がった、4曲目「青空エール」、会場が一体となってコールした5曲目「BEYOND THE STARLIGHT」と続き、最後5人の「お願い!シンデレラ」で会場中が大合唱となったのち、ライブを終えた。

 


2時間に及んだ「アイドルマスター シンデレラガールズWebラジオ「CINDERELLA PARTY!」公開録音CINDERELLA REAL PARTY! 05~このときをまっていた!うきうきようきなうんどうかい~」。
最後はうんどうかいらしいポーズの記念撮影、恒例の一本締めでイベントを締めくくった。

ライブパートセットリスト

1.でれぱれ~ど

2.でれぱ音頭

3.Treasure

4.青空エール

5.BEYOND THE STARLIGHT

6.お願い!シンデレラ


 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です