[イベントレポート]

フジテレビの人気アニメ放送枠「ノイタミナ」と「+Ultra」の新作ラインナップなどを発表する、
「フジテレビ アニメラインナップ発表会2019 “拡張”」が、3月14日、お台場フジテレビ本社にて行われた。
司会はニッポン放送の吉田尚記アナウンサーが務めた。
出演声優を招いてのトークセッションも行われ、各々が作品の見どころについて語った。

まずは「+Ultra」で現在放映中の「revision リヴィジョンズ」より、主人公・堂嶋大介を務める内山昂輝からのコメント映像を上映。
内山は「これからも目を離せない展開になる」「また1話から見直すと新たな面が見えてくる、練り込まれた色んな要素が詰まった作品」と、
最終回に向けて本作が佳境を迎えていることを強調した。

続いて4月10日放送スタートの「キャロル&チューズデイ」からは、
キャロル役・島袋美由利、チューズデイ役・市ノ瀬加那、アンジェラ役・上坂すみれが登壇。
本作はアニメスタジオボンズの20周年作品にして、レーベルフライングドッグの10周年記念作品。
キャラクター原案に漫画家・イラストレーターの窪之内英策を起用し、
「カウボーイビバップ」「残響のテロル」などを手がける渡辺信一郎が総監督を務める。
主役2人の歌唱担当として、キャロルの歌唱担当にナイ・ブリックス、チューズデイの歌唱担当にセレイナ・アンを起用し、
作中に登場する楽曲はすべて外国語で歌われるという。
上坂は「渡辺監督の作品としては意外な、空気感がキラキラしていて、爽快感のある少女の物語」であるとコメント。
市ノ瀬は「キャラクター一人ひとりの個性が強くて、キャラクターを知るたびにどんどん好きになっていく、そんな作品」、
島袋は「アフレコをしていても、作品の世界観にすごく浸っていられる、皆様にお届けできることをすごく楽しみにしております」と、
本作が来期注目のタイトルであることをアピールした。

その他「+Ultra」今後のラインナップとして以下の情報が解禁。
10月放送の作品として「週刊少年チャンピオン」で連載中の「BEASTARS」(原作・板垣巴留)が発表された。
アニメーション制作はオレンジが担当する。
また、2020年1月放送の作品として「good!アフタヌーン」で連載中の「空挺ドラゴンズ」(原作・桑原太矩)が発表。
シリーズ構成に上図真琴、音響監督に岩波良和、制作はポリゴンピクチュアズが担当する。

気になる最新の劇場作品として「バースデー・ワンダーランド」「きみと、波にのれたら」「冴えない彼女の育てかた Fine」のPV上映を挟んだあと、
「ノイタミナ」で現在放映中の「約束のネバーランド」より、エマ役の諸星すみれ、ノーマン役の内田真礼、レイ役の伊瀬茉莉也のコメント映像が流れた。
3人とも「今ギリギリのところまで物語が来ている」「この後放送される10話以降は、1秒たりとも見逃せない」など、今後の展開について期待を煽った。

4月11日より放映スタートの「さらざんまい」からは、主人公・陣内燕太役の堀江瞬が登壇。
「少女革命ウテナ」「輪るピングドラム」などを手がける幾原邦彦監督の久々の新作ということで、すでにアニメファンから多くの期待が寄せられている本作だが、
主人公・陣内燕太については「すごく友達思いで、自分の気持ちに正直なサッカー少年」「見た目はすごい大人しそうだけど、実はまっすぐで活発な性格の男の子」だという。
また「“つながり”がテーマになっていて、最後まで見ると考えさせられるような何かが残る作品」と述べた。

その他「ノイタミナ」今後のラインナップとして以下の情報が解禁。
7月放送の作品として「シェリプラス」で連載中の「ギヴン」(原作・キヅナツキ)が発表された。
ノイタミナ初のBLコミックのアニメ化で、監督に山口ひかる、シリーズ構成に綾奈ゆにこ、制作はスタジオラルケが担当する。

また、10月放送の作品として、先日制作が発表されたばかりの人気シリーズの最新作「PSYCHO-PASS サイコパス 3」から、
主役である慎導灼(しんどう あらた)役の梶裕貴、炯(けい)・ミハイル・イグナトフ役の中村悠一が登壇。
お互い役に決まった時の感想などを語った。新情報として主役二人のキャラクター設定とプロフィールが公開。
中村が「情報が少なすぎますよ!(笑)」と漏らす場面もあったものの、
梶は「ノイタミナは新たな挑戦をしていく枠だという印象があるので、今後のシークレットを楽しみにしてください」
中村「まだまだ絶対に、みんなが驚く隠し玉があるのでオンエアを楽しみにしてください」と締めくくった。

2016年に放送された「甲鉄城のカバネリ」の続編となる、劇場版中編アニメーション「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」からは、
主役の生駒役・畠中祐、無名役・千本木彩花が登壇。
本作では仮アフレコと本アフレコの2回収録を採用したということで、
朝10時からの収録が翌日近くにまでのぼったなど、本作のこだわり抜いた制作体制と熱量の高さが明かされた。
また、新キャラクターの景之役に三木眞一郎が決定。
劇場公開日も5月10日に決定され、同日にはNETFLIXやAmazonプライムビデオでの配信も決定している。
畠中は「とても思い入れのある作品。また甲鉄城の仲間に会えて嬉しかった。一回りも二回りも成長したキャラが格好いいところを見せてくれる」
千本木は「見たらいろんな感情が湧き上がってくると思う」と、作品に十分な手ごたえを感じている様子だった。

 

詳細レポート

 

畠中祐、千本木彩花登壇!『甲鉄城のカバネリ~海門決戦~』ゲストトークレポート!

https://anium.jp/art3143

梶裕貴、中村悠一登壇!「ノイタミナ」『PSYCHO-PASS サイコパス3』ゲストトークレポート!

https://anium.jp/art3144

堀江瞬登壇!「ノイタミナ」4月クール作品『さらざんまい』ゲストトークレポート!

https://anium.jp/art3142

島袋美由利、市ノ瀬加那、上坂すみれ登壇!「+Ultra」4月クール作品「キャロル&チューズデイ」ゲストトークレポート!

https://anium.jp/art3141

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です