昨年 11 月・12 月と行われた fhána のライブツアー「fhána where you are our 2019」。 「fade」、「illuminate」、「narrative」、「divine」と各公演ごとにテーマを設け、毎回異なる演奏曲と演出で繰り広げたこの ライブツアーの最終公演で、12 月 15 日に舞浜アンフィシアターで行われた「divine」の模様が、3 月 30 日(月)23:30〜 25:00、MIC ON! で独占初放送されることが決定しました。

90 分、たっぷりのボリュームでお届けするライブ特番をどうぞお見逃しなく!!

そして本日、この放送に先駆け「Code “Genius” ? (English er.)」のライブ映像を先行公開しました。 ▼「Code “Genius” ? (English er.)」LIE 映像▼

「Code “Genius” ? (English er.)」の原曲は、 アニメ『ナカノヒトゲノム 【実況中】』の挿入歌で、田淵智也氏 (NION AE GADEN)作詞、佐藤純一作編曲によるエレクトロなナンバー。Animelo ummer Live のプロデュー サーとしても知られる齋藤光二氏が英訳詞を手掛け、セルフカバーすることにより新たに生まれたのが「Code “Genius” ? (English er.)」です。

ライブ当日は「Code “Genius” ?(Englisher.)」の演奏時のみ、観客の写真撮影がOKに。美しい照明演出と圧巻の演 奏はもちろん、その模様を写真に収めるべくスマホを掲げるファンの姿も印象的な、臨場感ある映像となっています。

本日公開された、「Code “Genius” ? (English er.)」は、劇場版「HIOBAKO」主題歌で、現在好評発売中の fhána の 最新シングル「星をあつめて」に収録されていますのでぜひチェックしてください。

page1image56124416

<INFORMATION>

◆劇場版「SHIROBAKO」主題歌 ニューシングル「星をあつめて」発売中!

左:描き下ろしイラストスリーブケース 右:ジャケット写真

<商品概要>
「星をあつめて」
発売日:2020 年 2 月 26 日(水) 価格:¥1,500+税 品番:LACM-14974

初回生産限定特典:描き下ろしイラストスリーブケース仕様 <INDEX>

  1. 星をあつめて
    作詞:林 英樹 作曲・編曲:佐藤純一
  2. Code “Genius” ? (English Ver.)
    作詞:田淵智也 英訳詞:齋藤光二 英訳監修:Lynne Hobday 作曲・編曲:佐藤純一
  3. 世界を変える夢を見て
    作詞:林 英樹 作曲:yuxuki waga 編曲:fhána
  4. 星をあつめて -Instrumental-
  5. Code “Genius” ? (English Ver.) -Instrumental-
  6. 世界を変える夢を見て -Instrumental-

page2image56541952

◆M-ON! LIVE fhána 「fhána where you are Tour 2019」放送!

page3image56602048

2019 年 11 月・12 月に開催した fhána のライブツアー「fhána where you are our 2019」。 このツアーの最終公演で、12 月 15 日に舞浜アンフィシアターで行われた”divine”の模様を MIC ON! で放送!

番組名:M-ON! LIVE fhána 「fhána where you are Tour 2019」 放送日時:2020/3/30(月) 23:30〜25:00 視聴方法:http://www.m-on.jp/program/detail/mon-live-fhana-2003/

<PROFILE>

fhána

2011年、佐藤純一を中心として、yuxuki waga、kevin mitsunagaを合わせた3名によって、サウンドプロデューサー集団として結成。 2012年秋にボーカルのtowanaを正式メンバーとして迎え、4人体制となる。2013年のメジャーデビュー以来、14作品ものアニメで主 題歌の担当を果たし、作品の世界観に寄り添いながらも豊かな音楽性を提示し続けている。 2017年1月放送のTVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」では、Music VideoのYouTube再生回数3,000 万回を突破。

ROCK IN JAPAN FESTIVAL・COUNTDOWN JAPANに2年連続出演、海外でのライブ出演等、日本/海外/アニソン/J-POP/J-ROCKの垣根を超 えた軽やかなスタンスで、音楽への挑戦を続けている。

▼公式 HP

http://fhana.jp

▼公式 witter @fhana_info

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です