3月23日、「Anime Japan2019(東京ビッグサイト)」にて、「TVアニメ『アズールレーン』スペシャルステージ」が開催された。アニメ化初の記念すべきステージに、キャストからは、山根希美(ジャベリン役)、大地葉(綾波役)、石川由依(エンタープライズ役)、中原麻衣(赤城役)が登壇。MCにはYoster広報M、そして、途中、アニメプロデューサー伊藤隼之介、Yostarプロデューサー徐(声のみの出演)が登壇した。

 

ステージが始まるとキャストのあいさつに続き作品の概要が説明され、話題はそれぞれの演じるキャラクターについてのトークへ。

「アズールレーン」キャラクターの魅力は?

 

山根演じるジャベリン、大地演じる綾波は、初期に選択できるキャラクターとのことで、綾波を選んだという観客に対し、「嬉しいです。綾波は無表情なんですけど、内面に孤独を抱えているキャラクターです」と感激した様子の大地。中原は、「赤城を愛してくれる人は重い愛に耐えられる紳士です」と赤城のファンを讃えた。

気になるアニメストーリーについて

続いて、アニメプロデューサーの伊藤隼之介が登壇。原作プロデューサーの徐も音声にて参加した。石川が「エンタープライズはどんな立ち位置ですか」と自身のキャラクターについて聞くと伊藤は、「全ての登場するキャラが主人公だと思っているのですが、本作ではエンタープライズを中心に物語が展開します」と構想を語った。更に、「制作は順調で、始まってもないのに、2期の話をしています」とのことで、アニメ化への期待を高めたところで、続いての企画へ。

 

多数キャラが登場⁉︎アニメ第1

「アニメに備えて訓練せよ!演習対決」と題したゲーム企画では、山根・石川のアズールレーン陣営、大地・中原のレッドアクシズ陣営の2チームに分かれて対決することに。

まず初めはクイズ対決。「アニメ第1話には一体何人のキャラクターが登場するでしょうか」という質問に、キャストからは「難しい!」と声が。徐が「結構多めに見積もっていただいてもいいかな」とヒントを出すと、それぞれ、レッドアクシズ陣営:200人、アズールレーン陣営:170人くらいと回答した。より正解に近いのはアズールレーンチームとなったが、気になる答えは、「放送時まで楽しみにとっておいていただきたい」とのことだ。登壇者達が「こっそり教えて」とMCに聞きに行くと、「これは期待していい!」と興奮をあらわにしていたので、是非放送を見て、正解をチェックしてほしい。

続いてのゲームは、「砲撃対決!」このゲームは、砲撃シーンにちなんでおり、キャストに300mm段ボール砲を打ってもらって、どれくらい的が倒れるかを競うというもの。石川は、楽屋で練習したが倒せず、「今の練習だよね!」とコメント。続く山根、大地も倒せず、残るは、中原一人のみ。観客からの「指揮官様」コールと共に中原が全ての缶を倒し、見事レッドアクシズチームの勝利で終了した。

ステージも終盤に近づき、イベント「三笠大先輩の横須賀散策」や4月6日にトークショーの決定が告知された。音泉と新しいコンテンツを制作予定とのことで、今後の展開も見逃せないものとなっている。

 

キャストより来場者にコメント

最後の挨拶では、

山根「あっという間のイベントでした。これからも「アズールレーン」をよろしくお願いします」

大地「こっそり教えてもらった第1話の情報がすごいので、アニメに期待して頂いていいと思います」

石川「つい先日1周年記念のイベントに出させていただいたのですが、もうアニメ化ということで、それだけみなさんに応援されているんだなと感じました」

中原「今日のAnimeJapanをみなさんと一緒に終えられて嬉しいです。8月29日にコンシューマー版のゲームも発売されますので、アニメもゲームもまとめて愛してほしいです」

と各々が今日のイベントや作品についての思いを語り、

イベントが締めくくられた。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です