Anime Japan2019 AJ”ROCK”Stage にて、『転生したらスライムだった件』スペシャルステージが行われ、岡咲美保(リムル役)、古川慎(ベニマル役)、泊明日菜(ゴブタ役)、小林親弘(ランガ役)らが登壇した。

リムルに扮した格好の岡咲。会場にもリムルのコスプレをして訪れる観客がいて、作品の人気が伺える。続編制作が決定している本作だが、第2期ティザービジュアルに触れた後、『転スラ』関係者のお気に入りシーンの紹介へ。

「『転スラ』関係者にお気に入りシーンを聞いたらバラバラだった件」というお題の元、まずは、小林が14話「魔王ゲルドが倒される時の回想シーン」をチョイス。「こいつすげえいいやつだったんだ」と感激した様子で紹介した。

続いては、泊が4話エルフの店でのシーンを選択。「泊ちゃんがこれを選ぶとは、すごいね」と言われると、「私はここに連れてってもらえるはずだったんですよ」と不満げな様子でコメントした。

更に古川は、13話「オーガの戦闘シーン」を取り上げ、「クオリティが高くてすごくかっこいいと思いチョイスしました」と力説。

そして、岡咲。20話「ユウキとの掛け合いのシーン」について、「花江さんとの掛け合いが楽しかったんです」とコミカルなシーンを選んだ。

スタッフからもお気に入りのシーンが到着した。

監督は「魔王ゲルドを捕食するシーン」、プロデューサーからは「ゴブタの楽しげなシーン」、原作者からは「シズの最期のシーン」が発表され、キャスト達は各々のシーンを懐かしそうに振り返っていた。

イベントではお知らせもあった。閑話「ヴェルドラ日記」の放送情報や原作最新刊情報、Blu-ray情報、イベント情報では「転生したらスライムだった展」について告知され、キャスト達が見どころをたっぷりと語った。

最後の挨拶では、

古川「第2期が決まったということで、本当に嬉しいです。これから先のお話がオーガ勢としてベニマルとして楽しみです」

泊「2期が発表されて、すごく嬉しかったです。一生懸命頑張ります!」

小林「2期をお楽しみいただけると嬉しいですし、個人的には、”吐息”を頑張ります(笑)」

岡咲「第2期は2020年始動と先になりますが、『転スラ』ワールドを広げていけるように頑張ります。」

とキャスト達が続編への意気込みを語り、イベントを締めくくった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です