3月24日「Anime Japan2019(東京ビッグサイト)」にて、TVアニメ『ACTORS』スペシャルステージが開催され、小野友樹、野島健児、置鮎龍太郎、保志総一朗、ヤマサキオサム監督、浦田わたる、保住有哉が出演し、司会は細田健太が務めた。

最初の話題は「ACTORS」に欠かせない、ボーカロイド楽曲について。

野島は「2年間トレーニングを積んで歌えるようになった」とヨガの女豹のポーズを披露。置鮎も「当初ボーカロイド曲に触れたことがなく苦労した」と当時を振り返った。また、アニメ化の感想について保志は「内容も難しそうで、イベントも歌があってこそという感じでやってきたので、アニメ化は意外でした」と語り、他の出演者も、アニメ化になってお互いのことがわかってきた、とそれぞれ感想を述べた。

更に、アニメの制作に欠かせないスタッフについても発表され、ヤマサキオサム監督が登壇。制作について、「挿入歌を毎回入れるというコンセプトで制作しており、謎の設定を膨らませ、ライトSF風にすることで、他の歌モノのアニメとの差別化を図りたいと思っています」と構想を語った。

キャストからキャラクター紹介があった後、キャラデザインについて、監督が担当の西田亜沙子さんにどのようなリクエストを出したかについて聞かれると、「西田さんの方が先にこの作品をご存知で、逆にあちらから提案してこられる方が多かったです」とコメントした。

 

また、TVアニメには、CDシリーズ以外にも3人の新キャラクターが登場するとのことで、神樂蒼介役浦田わたる、往田詩役保住有哉が登壇。役が決まった時の感想について聞かれると、浦田は「名前がとても読みやすかったというのが僕の中では大きかったです」とコメント、保住は「オーディションで演じていて楽しかったので、連絡が来た時、道端で小躍りしました」と二人とも嬉しそうな様子で当時を振り返った。

先輩達に聞きたいこととして、浦田から「ライブで楽しかったボカロ曲」について聞かれると、保志が「みなさんがボカロが難しいとか色々言われていている中、非常に申し訳ないんですが、初期から歌っている『非公開日誌』という歌がすごく歌いやすいです」と余裕なそぶりで回答。保志に対して、「何だよ(笑)」と出演者から声が上がった。続いて、保住からアフレコの雰囲気について質問されると、小野は「初回の収録の時、今まで三毛を演じてきた自分の意見をすごくスタッフさんに聞いてもらえて、役者として嬉しかったです」とスタッフとキャストが話しやすい雰囲気であることを明かした。

 

イベントの終盤では、ティザービジュアルと新作のPVが初公開となった。出演者達はフルカラーでキャラクターを見るのが初めてだそうで、置鮎は「新鮮な気持ちでした。色付きなので、一目では誰か分からないキャラもいました」と驚いた様子でコメントした。

 

以上ここまで展開してきた「『ACTORS』スペシャルステージ」だが、あっという間にエンディングに。

保志「『ACTORS』色々やらせてもらってきて、新たなアニメーションの世界でも盛り上がって、応援してくれたらと思います」

監督「キャストの演技に、「可愛いなこいつら」とキュンキュンしながら、収録してます。皆さんにも届けられるように頑張って作りますので、ご期待ください」

とそれぞれが作品について語り、イベントが終了した。

今後の展開が期待されるTVアニメ『ACTORS』。

公式サイト、ツイッターもあるとのことなので、要チェックだ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です