3月23日、「AnimeJapan 2019」で、「明治東亰恋伽(めいじとうきょうれんか)」Anime Japan スペシャルステージが行われた。

ステージには浪川大輔(森鴎外役)、KENN(菱田春草役)、岡本信彦(泉鏡花役)、福山潤(藤田五郎役)が登壇。

MCは声優の大橋隆昌が務めた。

 

まずは「めいこい一問一答」と題して、キャスト陣が一問一答形式で質問に答えるコーナー。

「アフレコでもっとも自由なのは?」という質問には、本人以外の全員が「浪川さん」と回答。必死に釈明する浪川とそれに対抗する福山の姿に、会場は笑いに包まれた。

また、KENNへの質問として「アニメのOP主題歌である『月灯りの狂詩曲(ラプソディア)』で一番好きな歌詞は?」と聞かれると、サビ終わりの「ほしい」の部分と回答。

「最後の歌詞をどんな言葉にすべきかと、スタッフと何度も話し合った部分なので、とても印象深いです」と、思い入れたっぷりに語った。

「酔っぱらうと豹変しそうなのは?」という質問には、本人を除く全員が満場一致で「けんぬ(KENN)」と答えた。

福山からは「酔うと可愛くなるので豹変してほしい、とびっきりエロくなってほしい」とリクエストされ、

浪川も「イケメンに可愛さとエロさをプラスされてみ?無敵やぞ」と持ち上げられると、

KENNは「沢山褒めていただいて今日はよく眠れそうです」と満更でもないコメント。

 

続いて4月より放送される実写版でチャーリー役を演じる、BOYS AND MENの小林豊がスペシャルゲストとして登場。

声優の皆さんとは初めましてという小林だが、スイーツ大好きで元パティシエであることや、ミュージカル関係の仕事で共通の知り合いも多いということで、次第に緊張感もほぐれ、すぐに打ち解けていた様子。

そんな小林を迎え、次は「めいこい数珠つなぎ」に挑戦。こちらは会場の女性がキュンとするような甘いセリフを、しりとりの要領で繋いでいくというコーナー。

「めいこい」の終わりの文字「い」から始め、トップバッターは浪川。

浪川「良(い)い子リスちゃんだね」

KENN「猫と同じくらい可愛いね」

岡本「ねえ、そっち行ってもいい、ね?」

福山「眠れないのか?だったら隣に来て一緒に寝ようね」

小林「ねえ芽衣ちゃん、ずっと一緒にいようね」

と、多少強引ながらも最後はすべて「ね」がつく言葉で回答。

最後はMCの大橋も参加し、

「ねえ、最終回って3月27日で良かったですよね」

と、これまた「ね」がつく言葉でやり過ごし、見事に「めいこい数珠つなぎ」をクリアした。

 

最後の挨拶では、

小林「今日は初めましての方が沢山だと思います。そんな初めましての方を“二度目まして”にしていきたいと思ってますので、ドラマ『めいこい』の方もどうぞよろしくお願いします」

福山「最終回を前に再放送も決まっているということで、アニメは大変素晴らしい出来になっていますので、アニメ、ドラマ、映画と色々な形で皆さんと体験できたらと思います。」

岡本「いつもありがとうございます。次はどんなイベントになるのかとても楽しみですし、『めいこい』の色々な情報を知りたい方は、月1でやっている『浪漫deナイト』もよろしくお願いします」

KENN「『めいこい』ももう7年くらい、本当に色々なことに挑戦させていただいています。これからも皆さんついてきてください。本日はありがとうございました」

浪川「『めいこい』がこんなに長く続いているのは本当に皆さんが応援してくれるおかげです。今日はお足元の悪い中、足を運んでいただき誠にありがとうございました。またどこかでお会いしましょう」

と、締めくくり、ステージを後にした。

 

(C) LOVE&ART/めいこい製作委員会

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です