3月24日、「Anime Japan2019(東京ビッグサイト)」にて、「AJ2019 全国統一テストアニソン☆キングDAM 決勝戦supported by リスアニ!」が開催された。こちらは、AJ公式サイトにて実施された69問の予選問題の解答者から成績優秀者3名を選出し、全国のアニメ・アニソンファンの中からアニソンクイズ王を決める、というイベントだ。

MCは吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)、解説は冨田明宏(音楽プロデューサー)、ゲストは大橋彩香(声優/アーティスト)、オーイシマサヨシ(アニソンシンガー)、仲村宗悟(声優)、そして、解答者は「AJ2019 全国統一テストアニソン☆キングDAM」成績優秀者3名が登壇した。

登壇者が紹介されると、仲村の「声優アワード受賞」という肩書きが羨ましい様子のオーイシ。「僕も平成アニソン大賞取ったとか色々ありますよ」とアピールすると、「私も肩書き欲しいです」と大橋。「僕も楽曲提供させて頂いてますが、こんなにできるボーカリストはいないんですよ」とオーイシからベタ褒めされると大橋は、「褒めると伸びます!どこまでも」と満足げな様子を見せた。また、本イベントは、セットも音楽制作番組に参加してもらい組んだということで、オーイシがセットの早押しボタンを押して、「正解は…越後製菓!」と某有名CMの真似をすると、会場からは笑いが巻き起こった。

「SSSS.GRIDMAN」の主題歌「UNION」披露!

最初の企画は、観客参加型のクイズ。Twitterでハッシュタグを付けて回答した中で、正解者先着3名にもれなく、オーイシのサイン入りポスターをプレゼントするというもの。テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」の主題歌「UNION」の歌詞からの問題ということもあり、この場でオーイシが「UNION」を披露することに。

オーイシが曲の途中で「騒げ!」と叫ぶと、観客からコールが巻き起こり、会場は大いに盛り上がった。カラオケ音源で歌ったということで、オーイシが「カラオケに一緒に行ったって言ってもいいよ」というと、仲村は、「本当ですか!言いたいので、ケータイ持ってきてください」と興奮気味に答えた。

会場もすっかりあたたまったところで、クイズの回答者が登壇。

千葉県から来たあかすずめは、好きなアニソンは「サバンナを超えて」という、現役の最強のアニソンお母さん。続いて、「アニメよりもアニソンが大好き」だという群馬県から来た梨は、午前にはルルーシュゼロのコスプレをしていたとのこと。そして、カラオケの十八番は「銀河鉄道999」と語る、埼玉県の小江戸は、固い仕事をしており、親しい人にしかアニソン好きを公言していないという、三者それぞれ個性的な顔ぶれとなった。

回答者が登壇したところで、オーイシが降段の時間に。オーイシは回答者に、「僕関連の問題間違ったら許さないですよ」と言い残し、ステージを後にした。

初代アニソン☆キングDAMをかけた熱い闘い!

ついに始まる、「アニソン☆キングDAM」だが、ルールは以下の通り。

・出題形式はアニソンイントロ問題、フリップで回答する知識問題、ゲストからの特別問題

・回答は必ず曲名で答えること

・正解は10点、不正解−10点となる

果たして、誰が第一回のアニソンクイズ王になるのだろうか。

早押し形式のイントロクイズでは、梨が三問立て続けに正解を叩き出し、早くもリード。しかし、その後、ゲストの大橋の歌を含む二問共に全員不正解となり、大橋からは、「あーーー!!!」という叫びが。

フリップ問題、イントロクイズを経て、得点は梨、小江戸屋、あかすずめと続く。

ゲストの大橋はロックな曲調が好きで、分かる問題が結構あるとのことで、「出場したら、意外といい線までいくのではないか」と評価されていた。

大橋から観客への出題を挟んだ後、続いて、仲村からの出題も。

「アイドルマスターSideM OP主題歌「Reason!!」を歌っているユニットは6つのユニットからなるのですが、その合計人数は何人でしょうか」という質問には、小江戸屋が「19人」と解答した。

その後もクイズは続き、一時は梨と小江戸屋が10点差となるも、後半は梨の独走状態に。結果、130点を獲得し、見事梨が初代「アニソン☆キングDAM」の座を手に入れた。梨は、「身内にもですが、アニソンを生んでくれたシンガーにも伝えたいです」と感謝の意を述べ、最後に大橋が「NOISY LOVE POWER☆」を披露。熱狂の中で、Anime Japan最後のステージ「AJ2019 全国統一テストアニソン☆キングDAM 決勝戦supported by リスアニ!」が幕を下ろした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です