3月23日、「Anime Japan2019(東京ビッグサイト)」にて、『「女子高生の無駄づかい」Anime Japanステージ』が開催され、戸松遥(菊池茜役)、豊崎愛生(鷺宮しおり役)、長縄まりあ(百井咲久役)、高橋李依(一奏役)が登壇。MCは赤﨑千夏(田中望役)が務めた。

キャストが登壇すると、各々から元気な挨拶が。本作はもうアフレコは終わっているとのことで、チームの空気感はすっかり出来上がっているようだった。

オープニングに続いて、プロモーションビデオが上映されると、長縄は、「収録時はギャグものだったのに、見てみると青春って感じで。すごく楽しみです」と作品への期待を膨らませていた。

 赤崎「バカはどうしても演じたかった役でした」

赤﨑はこの作品について、「最初はヲタとロボを受けてくださいと言われたんですが、『どうしてもバカを受けさせてください!』といった結果、バカをやらせてもらえることになりました」とキャラへの熱意を語ると、会場からは拍手が起こった。また、作品を知った時の印象について、「この作品には女子校のリアルが詰め込まれています」と戸松。豊崎も「本作は可愛くないところが良さです」とそれぞれが本作の魅力について語った。

キャラクターについての紹介の後、キャラの個性が遺憾無く発揮されているというキービジュアルが公開に。まだ全貌が明らかにされていないキャラも登場しており、楽しそうな雰囲気に仕上がっていた。また、アフレコの様子も賑やかなようで、「笑いをこらえるのが大変」と語る長縄。高橋は、「3人(赤﨑・戸松・豊崎)の掛け合いがすごくて…クッと堪えていました」と明かし、現場が和気藹々とした雰囲気であることが伺えた。

キャスト同士で新ニックネームを考案!

ここで、用意された企画「ニックネームの無駄遣い」が登場。

本作には、キャラにニックネームがついているので、この場でキャストにもニックネームをつけるというものだ。高橋が「先輩にどう名前をつけていいか探ってます」と困惑気味に言うと、「げろしゃぶ」でもいいからねと後輩を和ませようとする先輩達。一体、この空気感の中でどんなニックネームが出てくるのだろうか。

今まで、りーちゃん、りえりー、更にチロルチョコのパッケージをしていたことから、ちろりとも呼ばれていたという高橋は、戸松が「レース服を着ているから」という理由で考案した「レーシー高橋」を採用。続いて役者仲間からはまりあちゃんと呼ばれることが多いという長縄は、苗字にかかっていて覚えやすいということで、豊崎考案の「ロープちゃん」を選んだ。更に、豊崎はかつて、「あいなま」や、好きなドラマの登場人物をもじって「とよひこさん」と呼ばれていたようだが、ほんわかしていることから、長縄考案の「ほわんさん」に決定。

また、下の名前「遥」より、ハルカスと呼ばれることもあったという戸松はつっこみが男の子みたいと「男(だん)」(長縄考案)、MCの赤﨑には某キャラクターを連想させる「ちいたん☆」(豊崎考案)とそれぞれ名付けられた。

全員のニックネームが決まると、「このニックネームが浸透するかは、皆さんが使ってくれるか次第です」としたところでコーナーが締めくくられた。

和気藹々とした空気の中始まり、大いに盛り上がった本イベント。最後は、キャスト達からの、「何も考えずに楽しめる作品になっていますので、放送をお楽しみに」という挨拶でイベントは終了した。7月から放送開始の「女子高生の無駄づかい」は、キャスト追加情報に併せてメインスタッフが公開されているので、是非チェックしてほしい。

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です