阿部 敦、井口裕香、岡本信彦、日高里菜ら出演!久保ユリカサプライズ出演! 「とあるプロジェクトAJスペシャルイベント」開催!

3月23日(土)、「Anime Japan2019(東京ビッグサイト)」にて、「とあるプロジェクトAJスペシャルイベント」が開催され、放送中の『とある魔術の禁書目録Ⅲ』の出演キャストである、阿部 敦、井口裕香、岡本信彦、日高里菜らが出演した。MCは鷲崎健が務めた。

早速、最終回間近になっているTVアニメに関して、「とある制作(スタッフ)の選別現場(セレクトシーン)」として、制作スタッフが選りすぐった場面をキャストと共に紹介していくことに。

最初のシーンは、第6話の「自分の力を暴走させてしまったアクセラレータを危険を顧みず、身体を張ってラストオーダーが止めるシーン」。「ラストオーダーの『ストップ』というセリフに心が動いた」という岡本に対し、日高が「ストップ」とシーンを再現する一幕も。続いて9話にて入院する当麻をインデックスと五和が看病する中、メイド姿に扮した神崎が登場する場面では、「なぜたくさんあるシーンの中でこれを選んだのか」と一同から笑いが起こった。更に、アニメ20話のアクセラレータと当麻が再戦するシーンが選ばれると、岡本からは「当麻からワンパンで倒されたシーンが忘れられなかったが、20話では10発以上耐えた」との声が。会場が笑いの渦に包まれた。

 

続いてのコーナーは、「とある舞台の形態模写(ジェスチャーゲーム)」。

このコーナーは、阿部と井口、そして岡本と日高の2チームに分かれ、ジェスチャーゲームをするというもの。また、パスは何度でもできるが、パスの際には、阿部は「そのふざけたお題をぶち殺す」、岡本は「これが超一流のパスだ」とそれぞれキャラクターのセリフを言わなければいけない。

 

「カエル」というお題に、阿部がジェスチャーをすると、「阿部さんがステージでピョーンコピョーンコ」と井口が歌い出してしまう。一方の岡本はお題「ドヤ顔」にて「ドヤ」と口で言っているにも関わらず、日高は誤回答を連発。「ロシア」「イケメン」と無理難題が続いたこともあり、結果、阿部・井口ペアの勝利となった。役を交代してゲームをすることになった2回戦では、「戦車」というお題が出されると、出題者の井口が「ガールズアンド…?」などともはや喋り始めてしまう。更に、「妹」というお題を日高が演じると、岡本が「キュート、可愛い、美少女」を連発。日高の頑張りに、出演者が「全部可愛い」と次々にコメントした。

 

イベントの終盤では、「とある」シリーズもう一つのスピンオフである、「とある科学の一方通行(アクセラレーター)」が2019年7月公開されるとの告知が。

エステル=ローゼンタール役の声優が久保ユリカに決定したとのことで、サプライズゲストの久保が登壇すると、会場がざわめいた。

本作の見所について、日高が「漫画の一巻を読んで、二人の掛け合いに幸せになった」とコメント。多数登場する女性キャラクターに対し、「知らない女がいる」と嫉妬した様子を見せた日高。岡本が「ごめんなさい、そんなつもりはなかったんだ」とアクセラレータ風に謝罪すると、観客からは笑いが起こった。

 

ここまで盛りだくさんで展開されてきたイベントだが、あっという間にエンディングに。

 

久保「先輩方を見習って、久保ユリカらしくお芝居ができたらと思います」

日高「残り2話になりましたが、個人的に好きなシーンがこの後待っているので、よろしくお願いします」

岡本「ついに主人公まで来ました。「一方通行」でもたくさんイベントをしたいです」

井口「「とある」シリーズ、止まることなく盛り上がってますので、またインデックスとしてみなさんにお会いできる日を楽しみにしております」

阿部「みなさんの応援もあり、8年越しの3期です。これから「一方通行」にバトンタッチしますが、残り2話、見守っていただければと思います」

とそれぞれが作品への想いを述べ、イベントは幕を閉じた。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です