[イベントレポート]

Anime Japan2019 AJ”ROCK”Stage にて、「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢をみない」Anime Japan スペシャルステージが行われ、石川界人、水瀬いのり、瀬戸麻沙美、東山奈央、種崎敦美らが登壇。

イベントは、MCの石川界人の登壇からはじまり、会場へ挨拶すると、女性キャストが登壇。一人一人、会場へ訪れた方、そして中継視聴者に向け挨拶を行うと、作品紹介、そして、劇場公開について触れた。

 

「青ブタ座談会」のコーナーでは、テーマに沿ってキャストがクロストークしていく。

『登場キャラクターのなかで友達になりたいのは誰?』

と言う質問に、種崎は、「自分で言うのもなんですが、双葉さんで・・・」

と答え、「一緒一緒!」と他のキャストも賛同の声が。

その後も「もう一度見たい、見てほしいエピソードは?」「もし、1日だけ思春期の自分に戻れるならなにをしたい?」「人生って、優しくなるためにあると思います…といった翔子さん。青ブタキャストの中で最も優しいのは?」のテーマをもとにキャスト和気藹々と仲の良さを見せ、作品への愛を語った。

「もし、1日だけ思春期の自分に戻れるならなにをしたい?」で、水瀬が回答したのは、「スカートを折りたい!」と今ならではの願望を語った。また、竹下通りへいったことがないという石川が、「なぜ行ったことがないか」について話を広げ、女性キャストからさまざまな助言を受けつつ、会場の笑いを誘った。

続編について、牧之原翔子役である水瀬いのりよりストーリーの説明があり、すでに始まっているというアフレコについて瀬戸は、「一度読んだだけでは、伏線全てを理解できなかった」など、それぞれキャストとして感じたそれぞれの作品の印象を伝え、劇場版への興味を誘う。

水瀬「翔子、大渋滞。という感じでした!」と、普段をあまり台本に書き込みをしないという水瀬は、今回の作品では、珍しく書き込みをしていたとキャストから打ち明けられた。

そしてなんと、サプライズで、水瀬いのりによる生アフレコが。

会場は水瀬の声に聞き入り、その空間を作品の世界感で包むように魅了した。キャストも始めてみ見るという、スペシャルビジュアル第2弾も公開され、限定前売り券、限定セット、グッズ付き前売り券などの告知が行われた。詳細は公式ホームページをチェックしていただきたい。

最後の挨拶では、

石川「とにかく見てください。それだけです。絶対後悔させません。とにかく見てほしい!そだけです。ありがとうございました。」

瀬戸「伝えきれないことが多いので、みなさんそれぞれの感想を持っていただけると嬉しいです。是非、みにきてください。」

水瀬「この作品を見れば、テレビシリーズの謎が解けるとともに、暖かい作品になっていると思います。是非、見に来てください。」

東山「とにかく、すごい映画になっていると思います。見たからこそ、納得するものもあると思います。ぜひ、劇場に足を運んでください。」

種崎「待ちに待った翔子さんのお話です。映画を見終わったあと、皆さんもきっと優しくなれていると思います。是非見ていただきたいです!」

と、ステージでのトークショーを締めくくり、石川はステージ降壇の際、「見ないと後悔する・・・」と今一度作品への期待を言葉にし、ステージを後にした。

(C)2018 鴨志 田一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタProject

(C)2018 HAJIME KAMOSHIDA/KADOKAWA CORPORATION AMW/AOBUTA Project

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です