映画『二ノ国』スペシャルステージ イベントレポート

 

3月24日「Anime Japan2019(東京ビッグサイト)」にて開催された、「映画『二ノ国』スペシャルステージ」に、キャストの宮野真守さん(ヨキ役)、梶裕貴さん(ダンパ役)に加え、製作総指揮、原案、脚本を手がける日野晃博氏(レベルファイブ 代表取締役社長CEO)が登壇。作品への愛を滲ませながら、映画の見所やキャラクターについて大いに語った。

 

【イントロダクション】
現実の一ノ国とは違う二ノ国が舞台になっている本作。
二ノ国には、現実と命が繋がっているもう一人の自分がいる。
この二つの世界で大事な人の命に危険が迫るとき、彼らに突きつけられる究極の選択とは。

主人公ユウ役を声優初挑戦の山﨑賢人さんが務め、
製作陣は、日野晃博、百瀬義行、久石譲、日本を代表するドリームメーカー達による作品となっている。

まず舞台に登壇したのは、製作総指揮/原案・脚本を手がけるレベルファイブの日野晃博。制作発表会見後、「反響の大きさに驚いた」という日野。
「今までのレベルファイブの作品層とはまた違った層に受けているという印象で、スタジオジブリさんと一緒に作った作品で、ゲームを始めた時から映画化を囁かれていたので、本当に嬉しい」

現在の制作段階について聞かれると、
日野「映像が作られている最中なのですが、中途半端なものは出せないので、ギリギリで頑張っているという感じです。昔ながらのジブリテイストの雰囲気が根付いていて、そこに豪華声優さんの声が当てられる、いいものになっている、手応えを感じます」。
シナリオについても、「本当に苦労しまして、大分謎があって、作品の中のどんでん返しで驚いていただけると思います」と自信があるという日野。

 

 

さらに、主演の山崎以外のキャストも先日発表されたということで、日野からの紹介で登壇したのは、ヨキ役の宮野真守とダンパ役の梶裕貴。
「登場の楽曲ですでにテンションが上がった」というゲームユーザーでもある梶。

キャスティングについては、
「二人とも他の作品に出ていただいていて、個性がこの作品の世界観に合うと思い、選ばせていただきました」と日野。
また、出演が決まった際の感想について、
宮野「大作だと思うので、世界観がこの映画でどのように広がって、みなさんにお届けできるかというところに僕も全力を注ぎたいと思っております」
梶「ゲームをプレイしていたので、出演させていただくにあたって、また新たな世界が誕生するというのが、純粋に一作品ファンとして楽しみです」
各々が出演できることの喜びを滲ませていた。

続いて、キャラクターについて、
宮野演じる魔法宰相ヨキは王様の側近で沈着冷静、頭がいいキャラで、宮野さんの声に合うのだという。「一癖二癖あるので、ただのいい人ではない」と監督。
宮野「ゲームブックを持っていて、それで自分で魔法を描くのがすごく楽しく、自分がどのように活躍するかも楽しみ」だという。

梶について、「梶裕貴が人外というのが面白い」という監督。
「この絵のインパクトも、頭身が違いすぎてちょっと笑っちゃったんですけど、監督が僕らの個性などを知ってキャスティングしてくださったって聞いて、僕ってこんなイメージだったんだなって」と梶が言うと、梶さんはどんな演技でもできると監督が梶を褒める。
ダンパはお姫様のお付きで、非常に可愛くかつ生意気なキャラだという。梶は、「自分がどんな声を出すのかまだ想像がつかない」とコメントした。

 

 

さらに、MCから「アフレコ前ですが、どのキャラが気になりますか」と聞かれた宮野が、キャラと並べられた声優の写真を見て、「梶が気になります」とおどけて見せる一幕も。梶「そっちは一ノ国の人達だから!」とツッコミを入れた。

「ガバラスとか絶対ヤバい人、顔色もすごいことになってる」
「山寺さんの演じるバルトンというキャラはキャラクター的には銭形刑事っぽい感じ」など、出演者が続々と気になるキャラクターについてコメント。
他にも魅力あるキャラがたくさん登場しているので、チェックしてほしい。

そして、キャラクター以外にも魅力のある本作。
宮野は自身が考える魅力について、「壮大なファンタジーの世界観に、今回は攻め込んだ設定だったりセリフが登場するので、大人も引き込まれると思います」と語り、梶も「久石さんの音楽がグッと来ますね。本当に面白かったって山崎賢人くんも言っていて。彼といつか共演したいと話していたので、初共演がこの作品で嬉しかったです」と答えた。

また、梶が山﨑とよくご飯を食べにいく仲だということで、アフレコが初挑戦で、すごく不安がっていた山﨑から、梶は、自身のキャスティングがまだ決まってない時に、「現場にいてくださいよ」と言われ、「行けるものなら、仕事がなくても行きたい」と答えた話をすると、「ごはん食べるんですね、僕も同席したいです」と宮野。笑いながら「機会ありましたらいらしてくださいよ」と梶。二人で「賢人を支えましょう」と決意した。

ここで、改めて監督が作品の魅力を聞かれると、

日野「今回内容が攻めておりまして、主人公が車椅子の子です。そして、三角関係って、普通恋愛だと思うんですけど、今回に関しては、命を取り合うという設定になっており、いろんな物議を醸したんですけど、最終的に面白くなったと思います。あと、声優が魅力的なので、完成版が本当に楽しみです」

また、本作は一般公募でのオーディションも行われている。
本選を勝ち抜いた二人もここで登壇。
TikTokやYoutubeで活動しているという篠崎トオル役せりしゅんさん「自分は初めての声優なので、緊張することもあるのですが、精一杯頑張りたいです」、

 

 

そして、林奈々子役の水瀬遥さんは、「声優は初めてですが、憧れていたお仕事をできるのは嬉しいです」と述べた。

二人の演じるキャラは、篠崎トオルはライバルチームの優秀なプレイヤーとして、林奈々子は、主人公が下宿している里親の家の娘で、世界観を作るために、重要な役柄としてそれぞれ位置づけられている。

 

声優は初挑戦という二人に対して、梶と宮野がアドバイスを求められると、それぞれ、宮野「僕らもティックトッカーだったので、そのノウハウを生かして頑張ってください、それか関西弁で」と笑いを誘い、
梶「大作映画なので、緊張すると思いますが、楽しみながら演じるのがいいと思います」
宮野「的確に演出してもらえると思うので、そこに身を任せて…初々しいな」
と先輩らしくアドバイスとエールを送った。

ここまで大いに映画について語ってきたが、そろそろお開きの時間に。

梶「二ノ国のステージとして、初めて立たせていただきました。一ファンとして楽しみにしていた作品なので、出演させていただけるのがとても嬉しいです」

 

 

宮野「まだまだ本編を見て感じることがいっぱいあって、それを受け取ってもらうためにこれから制作に取り掛かっていきます。僕ら自身がこの絵の中の世界観に入って演じることを非常に喜びながら参加しているので、そんな僕らの想いも受け取ってもらえれば嬉しいです」
日野「今回は、純粋にいい映画を作りたくて、ゲームとの連動を一切考えずに制作しました。スタッフ達と喧々諤々とどうすれば良くなるかを話し合っております。メッセージ性があって、何かを感じていただきたいと願っております。よろしくお願いします」

と改めて、映画への想いを語ったところで、本イベントは幕を閉じた。

映画「二ノ国」

2019年夏、全国ロードショー

©︎2019映画「二ノ国」製作委員会

配給:ワーナーブラザーズ

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です