3月14日木曜日、お台場のフジテレビ本社にて開催された、「フジテレビ アニメラインナップ発表会2019”拡張”」にて、畠中祐、千本木彩花が登壇、『甲鉄城のカバネリ~海門決戦~』の見どころを語った。

ゆるキャラ⁉︎畠中祐のオーラ

吉田「ノイタミナから拡張したこのタイトルです。劇場版中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』です、それではスペシャルゲストにご登場いただきましょう。生駒役、畠中祐さんと無名役、千本木彩花さんです、どうぞ」

吉田「それでは、梶さん中村さんの後に畠中くん見ると心癒されますね」

畠中「それはどういう意味合いですか(笑)」

吉田「出てるオーラが優しいかな」

畠中「いやいや。あのお二人も優しいですけど」

千本木「その辺にいる少年感」

畠中「その辺にいるって言うなよ」

吉田「でもすっごいもう心癒される気持ちになりますよ」

畠中「じゃあゆるキャラで」

吉田「それではゆるキャラの畠中さんからご挨拶お願いします」

畠中「そんな自己紹介したことないですよ」

吉田「生駒役の畠中祐です。よろしくお願いします」

千本木「無名役の千本木彩花です。よろしくお願い致します」

吉田「ゆるキャラなんて言い方をしてしまいましたけど、カバネリの祐君はちょっと違いますよね」

千本木「そうですね。ゆるキャラではない感じは確かにしますね」

畠中「今回の劇場版でもね、まあ大分生駒が生駒らしく動いてると思いますので」

千本木「うんうん」

畠中「まあ。なかなかそんな、なんて言えばいいでしょうね」

千本木「なんか笑っちゃうな」

畠中「ちゃんと普通のそこらへんにいるお兄さんじゃなかったでしょ、アフレコの時」

千本木「TVシリーズに続く感じで生駒らしい感じが出てましたね」

畠中「もうちょっとね、アフレコやってるときはコミュニケーション取れてる感じだったん

ですけど」

千本木「取れてるでしょ、今も」

吉田「千本木さんの考えていらっしゃることを言うと、祐くんは普通の少年がヒーローになっていくという形をやらせたら、ヒーローモードがある人ですからね、ちゃんとね」

千本木「ヒーローですからね」

畠中「ありがとうございます。今回の映画でも、本当に思いっきり生駒役演じさせてもらいました。すごい楽しかったです」

丸一日かけて行われた仮アフレコ

吉田「2016年、もう三年も前だったんですね、カバネリ。ゲームとかもありましたけど、その時以来の海門決戦でのアフレコだったんですけれど、これはどういう感じだったんですか?」

畠中「どういう感じだったか、アフレコの話になると、話したくてたまらないのが、今回仮アフレコとアフレコをやったんですよ」

千本木「仮と本番があって」

吉田「いわゆるTVアニメーションの場合、テストがあって、それから本番っていうのを聞いたことがありますけど」

畠中「そうではなくて、別日を設けて、メインの二人はキャストは変わらずに、仮アフレコは尺長を確認するために普通は他の役者さんをアフレコ現場に呼んで、確認作業として劇場版ではするんですけど、僕らは生駒と無名としてやらせてもらって、仮アフレコを一旦とって、それでスタジオのスタッフさんの中で映画を観て、どこが面白かったか、どこがわからなかったかというのをまたディスカッションしてブラッシュアップしてまたアフレコだったんですよ」

吉田「これ、役者としてはめちゃくちゃ贅沢な臨み方じゃないですか」

千本木「そうですね、ここまでスタッフさんたちも気合が入っているというのを感じますし、そこで私たちもやってみてどうだったという感想をお話しさせていただいたりとか、そこで監督とちょっとお話しさせていただいて、実際本編になって、ちょっと変わってるなとか、こここうなったんだっていうことがあったりとか、より見やすく、わかりやすくなってるので、楽しかったです」

畠中「何度も何度もやったりとか、すごい仮アフレコも時間がかかったんですよ、やっぱり。朝10時から、てっぺん超えるかギリギリのところまでやったので」

吉田「24時過ぎまで」

千本木「結構時間をかけてこだわって」

畠中「この熱量がカバネリだなって。帰ってきたな、ただいまって感じしましたね」

吉田「生駒も無名も命懸けですけど、お二人も命懸けですね」

千本木「そうですね、命懸けでしたね」

畠中「9時くらいからテンション上がってきますね、おぉ!てっぺん行くかもしれない!みたいな、ナチュラルハイになってますよね」

吉田「という甲鉄城のカバネリ海門決戦なんですが、先日キービジュアルが解禁されまして、どうも見たことないぞっていうキャラクターがいたりするわけじゃないですか。そのキャラクターにも迫る、劇場予告をどこよりも早くご覧いただけるということでこちらご覧いただきたいと思います、どうぞ」

■本PV URL:https://youtu.be/AUzm_Sa6Xeo

畠中 千本木「おー」

千本木「ありがとうございます」

吉田「ここはもう祐くんヒーローモード全開ですね」

畠中「ただ、最後のセリフは聞いててこっぱずかしいですよね」

千本木「俺から離れるなっていう」

畠中「キャラクターの成長が見られる映画ではあるんですけど」

吉田「また、無名ちゃんが強いんですけど、同時にエロいですね」

千本木「あはははは(笑)」

畠中「言葉を選ばない(笑)」

吉田「荒木監督の作品だから言う、あれはエロい」

畠中「確かに、あれはかわエロですよね怪しからんですよね、何歳ですっけ」

千本木「12、13とかだと思います。本編から半年後になって、新たな海門っていう寒い場所にいて、こう雪山でファーの付いた衣装を着ていたり」

新キャラ景之登場、声優は三木眞一郎さん

畠中「今回、正当な続編なんですよ、本編から半年後の海門っていうところが舞台になるんですけど」

吉田「今回新キャラクターが出てきて、景之っていう本当に色っぽい影のあるキャラクターが出てきているんですけど、こちらは三木眞一郎さん。こちらは別の意味でエロい」

畠中「そうですね、別の意味で」

新キャラ:景之

二人の旅というか冒険はまだまだ続いていくんだなというこの海門決戦なんですが、公開日発表できるのは今回が初めてということなんですが、もう目前です。5月10日の金曜日から2週間限定で劇場上映ということになりまして、上映と同日にNetflixでの配信が決まっていると」

千本木「そうなんです」

NetflixやAmazonプライム・ビデオでの独占配信もされるわけなんですが、やっぱりカバネリは劇場で見たいところありますよね」

千本木「見ていただきたい。音響がすごいですし、新しく澤野さんが書かれた曲もBGMもありますし、絵がもちろん本当に素晴らしいので、是非見ていただきたいですね」

畠中「でもぶっちゃけ配信でも同時配信じゃないですか、国内の人も世界の人にも見て欲しいです。スチームパンクの素晴らしさとか、このカバネリが持つ独特の世界観というのは国境を越えていく気がするので、海外の方にも是非是非見て欲しいですね」

吉田「一番いいパターンですねあの迫力を劇場で見て、ここ止めたいと思ったら、配信で見て」

千本木「それ最高だと思います」

畠中「無名のところとかね(笑)」

吉田「是非両方お楽しみいただけるのが一番いいかなと思いますが、さてあっという間にお時間になってしまったんですけど、一言ずついただきたいと思います」

千本木「そうですね、新たに半年後の世界の中で私たちがこれからどう生きていくのか、今をどう生きていくのかが描かれていく作品になっていると思うので、是非見ていただきたいですね。多分見たらいろんな感情が湧き上がってくると思うので、是非是非楽しみに見ていただきたいと思います、お願いします」

「そうですね、とっても思い入れのある作品なので、劇場にまた戻ってこれると言いますか、また甲鉄城の仲間に再び会えることが、演じる僕としても本当に嬉しかったです。また再び会えた仲間たちは一回りも二回りも成長して、また彼らの輝きを見せてくれます。この登場人物たちがどうなるのかというのは、やっぱり劇場に行って確かめてもらうしかないのですが、絶対心の震える熱い展開が待っていると思いますので、是非是非劇場、そして配信も両方ともよろしくお願いします」

吉田「ということで、『甲鉄城のカバネリ~海門決戦~』は5月10日から2週間限定、劇場上映となりますので、是非ご覧いただきたいと思います。配信もお楽しみに」

 

[INTRODUCTION]

 その旅路の先に、新たな運命(さだめ)

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは、鋼鉄の皮膜に覆われた心臓を持ち、噛んだ者までもカバネにしてしまう。カバネは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。極東の島国である日ノ本(ひのもと)で、分厚い装甲に覆われた蒸気機関車、通称・駿城(はやじろ)の一つ、甲鉄城(こうてつじょう)に乗り込んだ生駒たちは、熾烈な戦いを潜り抜け、カバネと人の新たな攻防戦の地、日本海に面する廃坑駅「海門」(うなと)に辿りついた。生駒たちは、同じくカバネから「海門」を奪取せんとする、玄路、虎落、海門の民と「連合軍」を結成し、カバネ撃退の策を立てるのだが、「海門」の地にはある“秘密”が隠されていたのだった-。

 

【メインスタッフ】

監督・脚本 荒木哲郎/構成 大河内一楼/キャラクター原案 美樹本晴彦

アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督 江原康之/サブキャラクターデザイン 尾崎智美 山内遼

コンセプトアート よー清水 森山洋/デザインワークス 形部一平 胡拓磨 村田護郎

プロップデザイン 常木志伸 吉川真一 西原恵利香

美術デザイン 平澤晃弘 谷内優穂 杉本智美/メイクアップアニメーター 中愛夏 三田遼子/美術監督 吉原俊一郎

色彩設計 橋本賢/3D監督 廣住茂徳 今垣佳奈/撮影監督 山田和弘/編集 肥田文/音響監督 三間雅文

音響効果 倉橋静男 山谷尚人/音楽 澤野弘之/アニメーション制作:WIT STUDIO

制作:カバネリ製作委員会/配給:松竹メディア事業部

 

主題歌:「咲かせや咲かせ」EGOIST

 

【キャスト】

生駒(いこま)畠中 祐/無名(むめい)千本木彩花/菖蒲(あやめ)内田真礼/来栖(くるす)増田俊樹

鰍(かじか)沖 佳苗/侑那(ゆきな)伊瀬茉莉也/巣刈(すかり)逢坂良太/吉備土(きびと)佐藤健輔

鈴木(すずき)マックスウェル・パワーズ/景之(かげゆき)三木眞一郎

<公式サイト>http://www.kabaneri.com/

<公式Twitter> https://twitter.com/anime_kabaneri

©カバネリ製作委員会

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です